118 / 256

第四章・20

 なぜかひどく痛々しく見えるその姿。  思えば、酒に飲まれるように酔ってみたり、襲うようにセックスを求めてきたりと、今日の拓斗は絶対に変だ。  何か辛いことが、悲しいことがあったに違いない。  そう感じた時、ようやく玲の胸に拓斗への愛しさが戻ってきた。  逞しい肩に手を伸ばし、そっと撫でた。  僕を抱いて気が晴れるなら、いくらでも。  この体で慰めてあげられるのは、今の短いこの時だけ。  老いて朽ちてしまえば、そうすることなどできないんだ。  後はただ、拓斗の激情を受け止め、その身を捧げた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【本編完結】ベータ×オメガ|俺がアルファだったらよかったのに(R18)
196リアクション
13話 / 73,784文字 / 178
2019/12/25 更新
超エリート傲慢操縦士×正統派真面目な整備士のドタバタラブ。
1,115リアクション
23話 / 36,158文字 / 46
2019/11/20 更新
攻め様ライの魅力に抗いたいけど、負け続ける受けちゃん希望のエロ三部作
110リアクション
20話 / 69,178文字 / 48
1/20 更新
平安の女装家男子が立身出世を頑張る話 前半は東宮×近衛の少将 後半は元中納言×荘園領主
1,178リアクション
24話 / 79,955文字 / 76
2/1 更新
癒し系ワンコ大学生 × アラサー美人会社員
59リアクション
10話 / 10,867文字 / 0
2/24 更新
黙ってお前ら腐らせろ。
1話 / 3,963文字 / 0
2/11 更新