119 / 256

第四章・21

 翌朝、執務室にはちゃんと玲の姿があった。  背筋を伸ばし、パソコンを覗いていた玲は、秋也を見ると笑顔で声をかけてきた。 「おはよう、秋也」 「……ああ」  傍らのカップには、コーヒーが入れてある。  玲は、勤務中はノンカフェインのハーブティーを飲むはずだ。  それが、今朝はいかにも眼のさめそうなエスプレッソ。  眠気覚ましが必要なくらい、昨夜は遅くまで起きていたというのか。  拓斗と一緒に!  席につくと、いやでも斜め向かいの玲が眼に入る。  思いが募り、仕事は全く手につかない。  昨晩の、甘い喘ぎが耳によみがえってくる。  あろうことか、下肢が硬く張りつめだした。 「堀くん、ちょっといい?」  玲の呼ぶ声に、隣の堀が立ち上がった。  思わず眼で追ってしまう。  二言三言でその内容はうかがえた。  どうやら、祭事のタイムスケジュールで時間の合わない部分があるらしい。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

社会人四年目の駿河秋が、ネトゲとリアルでイケメンに振り回されてじたばたする話。
824リアクション
20話 / 68,245文字 / 2,718
2018/7/10 更新
生真面目なリーマン×男娼の青年
728リアクション
136話 / 67,026文字 / 232
2019/8/15 更新
英国の寄宿学校で生まれた、密やかな初恋の思い出。
204リアクション
31話 / 42,917文字 / 0
2/22 更新
暗い、痛い、酷い、儚い
37リアクション
31話 / 69,983文字 / 0
1/31 更新
癒し系ワンコ大学生 × アラサー美人会社員
49リアクション
10話 / 10,867文字 / 0
8時間前 更新
オメガの男娼とある王国の王子の切なくて熱いお話
709リアクション
41話 / 65,945文字
2/4 更新