120 / 256

第四章・22

「祝詞で20分、聖歌で10分だろ。これでいいじゃん」 「移動時間、含めてないでしょう。聖歌隊は30人いるんだから、結構手間取るんじゃないかな?」 「あ、そうか」  あきれた、と髪をかき上げる玲の仕草に、秋也はどきりとした。  首筋に、赤いキスマークが生々しく残っているのだ。 「前回、主担当補佐だったでしょう。しっかりしてよ」 「前回って、3年前じゃん。覚えてないよ」 「進行表とか、残ってない?」 「俺、捨てた」  もう~、とお手上げのように両腕を上げる玲。  短い袖口から柔らかそうな脇がのぞき、たまらない。  がたん、と大きな音を立てて立ち上がった秋也に、堀と玲は驚いて目をやった。 「書庫にあるんじゃないか? 前回の進行表。たしか、年ごとに保管してあるはずだ」  さすが神原、冴えてる~、などという堀の言葉も、もう耳に入らない。 「探しに行くぞ、玲」 「え? うん」  探しに行くなら堀さんと僕で、という間もなく秋也はすでに部屋を出かかっている。  玲は急いで秋也の後を追った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

主人公ゲス注意。寝取り、無理やり、3P等の要素が含まれます。
905リアクション
82話 / 159,786文字 / 438
2018/10/9 更新
記憶をなくした恋人の将来を思い、身を引こうとする主人公の物語です。
91リアクション
11話 / 68,170文字 / 206
2019/7/1 更新
振り回される人間×押しかけ狐のちょっとエッチな(?)ラブコメディ
100リアクション
34話 / 79,084文字 / 0
2/5 更新
連載中
100MILES
堕ちるとこまで落ちて自分の手で、粉々にして、終わらせるんだ。
4リアクション
51話 / 79,591文字 / 0
1/25 更新
君が『好き』って言ってくれたから、おかえし、あげる。
2話 / 6,759文字 / 0
2/17 更新
3リアクション
3話 / 5,434文字 / 0
2/11 更新