121 / 256

第四章・23

 執務棟の1階奥に、書庫は設けられていた。  分野別に整理された書類は、一定期間ここで保管されることになっている。  秋也と玲は、祭事関係の書棚のある方へと進んだ。 「半分ずつ手分けして探そうか。その方が早く終わると思うよ。ねえ、秋也。秋也?」  玲は、ぎょっとした。  秋也は書棚の方ではなく、らんらんと光る眼をこちらの方へと向けているのだ。  そして、長い腕と大きな手で抱きすくめ、熱い口づけを求めてきた。 「ん、んんッ!」  もちろん玲はそれには応えず、しっかりと唇を閉じたまま逃れようともがいた。  信じられない。  勤務中である。  しかも、結構人の出入りの頻繁な書庫内で!  玲を抱き締める秋也の力は、もがけばもがくほど強くなる。  さらに強く締めあげられ、たまらず開いた唇から舌が荒々しく入り込んできた。  咥内を舐めまわしながら、秋也の手は玲の服を解きにかかっている。  ようやく離れた唇は、そのまま首筋を強く吸った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
兄弟
【R18】憎悪に溺れる、禁断の兄弟愛
118リアクション
63話 / 52,961文字 / 108
2019/12/6 更新
書記様親衛隊副隊長が幸せになるまでのお話。
322リアクション
42話 / 67,660文字 / 0
2/21 更新
振り回される人間×押しかけ狐のちょっとエッチな(?)ラブコメディ
100リアクション
34話 / 79,084文字 / 0
2/5 更新
腹黒眼鏡×ノンケ蕎麦職人 病みエリート(年下)のひとめ惚れ猛攻
1,059リアクション
37話 / 55,571文字 / 0
2/2 更新
終わったはずの初恋が、夏の匂いと共に蘇る。
76リアクション
5話 / 32,748文字 / 20
1/20 更新
我が儘な組長の息子×組最強の若頭。大事な人なのに、想いに気付かない不器用な二人の話。
202リアクション
9話 / 18,323文字 / 20
2/28 更新