122 / 256

第四章・24

「秋也。秋也、やめて。勤務中だよ!?」  玲に応じず、秋也はシャツをぐいと引き下げ、白い肩があらわになった。  これは本気だ、と恐れた玲は、小さな悲鳴を上げた。 「やめて、秋也。こんなところで! 誰かに見られたら!」 「見たいやつには、見せつけてやればいいだろう!」  あぁ、秋也。  一体どうしちゃったんだろう。昨日はやめてくれたのに。  いつもは優しい人なのに。 「やめて、秋也! どうしたの? 一体、どうしたの!?」 「どうもしない。ただな、俺は優しくなんかないぞ。欲しい時は奪う。それだけだ!」  はだけられた白い肩に、うっすらと歯型の痕を見つけ秋也の頭に血が上った。  拓斗のやつ!  その痕を打ち消してしまう勢いで、秋也は激しく玲の肩に歯を立てた。 「いやあ!」  書庫の冷たい空気が、どんどん熱くなってゆく。  しんとした紙の香りが、牡の匂いに浸食されてゆく。  玲は、とうとう埃っぽい書庫の床に押し倒されてしまった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

平凡部下×美人上司の、初々しいオフィスラブ作品です。
34リアクション
8話 / 37,538文字 / 20
2019/8/17 更新
書記様親衛隊副隊長が幸せになるまでのお話。
322リアクション
42話 / 67,660文字 / 0
2/21 更新
完結
野ばら
腹黒年下アルファ×年上処女高潔オメガ
4リアクション
4話 / 42,168文字 / 0
1/22 更新
優等生の友人、清比古が淫らな笑みを浮かべ乞う「僕を無茶苦茶に壊して。壊して彬……壊して」
167リアクション
18話 / 46,656文字 / 0
4時間前 更新
黙ってお前ら腐らせろ。
1話 / 3,963文字 / 0
2/11 更新
不細工男×節操無しのセクサロイド のお話
5話 / 18,693文字 / 0
2/21 更新