123 / 256

第四章・25

 組み敷かれながらも、玲が書庫の出入り口をちらちらと伺っている事に秋也は気付いた。  誰かが入ってきたら。  誰かに見られたら。  ただひたすら、それを恐れる玲。  そんな態度も、今の秋也には不快だった。  昨夜は玄関口で、はしたない声をあげていたじゃないか!  乳首を夢中でしゃぶりながら、秋也は玲の下服をもぎとった。  思った通りだ。  玲のペニスは、勃ちあがりかけていた。 「何だかんだ言いながら、感じてるじゃないか」 「いやッ」  秋也は、玲のものを強く掴んだ。 「たまには、こういうのも悦いと思っているんだろう!」 「ああッ!」  その時、玲はびくりと身をすくめた。  秋也の動きが止まった。  かちりとドアの動く音。  複数の足音。  誰かが中に入ってきたのだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

BL・R18・ヤクザ×船乗り・リバース有
30リアクション
11話 / 79,108文字 / 79
1/6 更新
平凡部下×美人上司の、初々しいオフィスラブ作品です。
37リアクション
8話 / 37,538文字 / 20
2019/8/17 更新
振り回される人間×押しかけ狐のちょっとエッチな(?)ラブコメディ
100リアクション
34話 / 79,084文字 / 0
2/5 更新
敢えての神視点で読むBL
イケメン三兄弟(吸血鬼)×捨てられた青年(人間)
14リアクション
29話 / 23,481文字 / 20
2/28 更新