124 / 256

第四章・26

 あぁ、助かった。  玲は安堵の息をついた。  さすがに人のいる同じ部屋で、秋也もこんないじわるはしないだろう。  悪ふざけは、もうおしまい。  だが、玲の虚を突いて秋也は静かに手を動かし、擦り始めた。  思わず上がりかけた声を、玲は必死に抑えた。 「ふッ! んん!」 「聞こえるぞ」  人がいるのに。  見られちゃうかもしれないのに。  それでも秋也は肌を舐めまわし、ペニスを擦る手を止めない。 「は、んんッ。ふぅ、うぅん」  だめ、聞こえちゃう。   玲は、自分の指を強く噛んだ。  こうすれば、少しは抑えられるかもしれない。 「どうした。そんなに悦いのか」 「んんッ! ふ、んんんッ!」  

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

寂しいなら、俺がお前の居場所になってやるよーー
469リアクション
21話 / 77,166文字 / 888
2018/6/6 更新
お人好し年下ゲイ×ノンケ性悪美人 美しいひとに振り回される恋
1,901リアクション
35話 / 68,909文字 / 987
1/18 更新
純愛は貫けないかもー。な27歳×尊敬しているけど恋愛経験値が低いので甘え方がわからない17歳
295リアクション
66話 / 44,222文字 / 36
1/18 更新
【AVモデル同士】娼年から男優へ、だけど心は子供のままで。
551リアクション
42話 / 69,668文字 / 64
2019/10/11 更新
イケメン三兄弟(吸血鬼)×捨てられた青年(人間)
14リアクション
29話 / 23,481文字 / 20
2/28 更新
不細工男×節操無しのセクサロイド のお話
5話 / 18,693文字 / 0
2/21 更新