125 / 256

第四章・27

 ついに玲はその昂ぶりを秋也の手の中に吐き出してしまった。  それを喉で笑いながら、秋也は淫液を玲の後膣になすりつけ太い指を入れてきた。  まさか。  まさか秋也、最後まで!?  玲は逃れようと暴れたが、しっかりと押さえつけられた体は動かない。  秋也の指が体内で蠢くたびに、ぬぷぬぷと卑猥な音が漏れる。 「はぁ、あ。んあぁ、んんッ」  耐えても耐えても、漏れ出てしまう喘ぎ。  涙が一筋流れた。  玲のその姿に、秋也の胸に罪悪感が生まれた。  本当なら、勤務が終わってからゆっくりと二人の時間を過ごしたかったのに。  可愛いさえずりを聞きながら、幸福なひとときを過ごしたかったのに。    それを振り切るように、秋也はわざと皮肉めいた声で囁いた。 「昨夜は悦かったか」  は、と玲の眼が大きく見開かれた。  知っているのだ、秋也は。  昨夜、僕が拓斗に抱かれたことを。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

恋人に浮気された柏原衛は憂さ晴らしにデリヘルを呼んだが、現れたのは部下の遠野進一だった。
625リアクション
22話 / 79,999文字 / 239
2/24 更新
タチ同士・売り専同士・親友同士──だけど、お前のことが好きなんだ。
289リアクション
26話 / 79,989文字 / 27
1/23 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する委員長様の願いは、叶うのか?
2,374リアクション
43話 / 34,223文字 / 86
1/22 更新
連載中
100MILES
堕ちるとこまで落ちて自分の手で、粉々にして、終わらせるんだ。
4リアクション
51話 / 79,591文字 / 0
1/25 更新
俳優と天才画家がたまたま、出会った。
3リアクション
3話 / 5,434文字 / 0
2/11 更新