127 / 256

第四章・29

 ぐちゅり、ぐちゅぐちゅといやらしい水音を立てながら、秋也のものが体内に埋め込まれてゆく。  こんな恥ずかしい音を、人に聞かれたら。  こんな恥ずかしいところを、人に見られたら。  そんな玲の思いとはうらはらに、秋也は激しく腰を突き動かしてきた。  粘液質の音が、耳に響く。  自らの喘ぎが、耳に響く。  玲は熱い、それでいて甘い息を吐いた。  熱く熱く、火照っていく体。  そしてそれは、同時に心も蝕んでくる。  この昂ぶりは、恥ずかしいとの思いからだけではない。  異常な状況での倒錯した快感に襲われている。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する天王寺さんは、恋心を諦められるのか?
1,996リアクション
70話 / 51,014文字 / 0
1/22 更新
さあ、このちっぽけな世界から、二人で一緒に飛び出そう。
174リアクション
15話 / 71,708文字 / 40
1/25 更新
誠也はホスト、好きな男の子もホスト、二人の恋は?
3,816リアクション
24話 / 13,237文字 / 0
13時間前 更新
硬派先輩×可愛い後輩。幼馴染だった二人は、やがて恋に落ちてゆく。
1リアクション
239話 / 58,676文字 / 0
2/9 更新
黙ってお前ら腐らせろ。
1話 / 3,963文字 / 0
2/11 更新
★拝啓、ぼくの運命の人。あなたを捜しています。【※毎日更新】
8話 / 8,767文字 / 0
2時間前 更新