129 / 256

第四章・31

 すばやく玲の衣服を整え、秋也は立ち上がった。書棚に眼を走らせる。 「これだ」  前回の祭事のファイル。  それを手にすると、かすかな細いすすり泣きが聞こえてきた。  眼を落とすと、玲が放心したように座り込み秋也を見ていた。  涙に濡れた、瞳。  埃まみれになってしまった、柔らかな髪。 「ごめんなさい、秋也……」  そして、声を出す事を許されて初めて口にした言葉は、秋也への非難ではなく謝罪だった。 (昨夜のことを言っているのか)  ちくりと胸に刺さった刺を無視するために、ぶっきらぼうに、先に行くぞ、とだけ声をかけ、秋也は執務室へと戻った。  部屋では堀がお菓子をばりばり食べながら、呑気にお茶を飲んでいた。 「あれ。守岡は?」 「何か知らんが、先に戻るように言われた」  嘘をごまかすように堀にファイルを渡すと、秋也はデスクについた。  残してきた玲のことが気になったが、子どもではないのだから大丈夫だろうと仕事に没頭した。  さすがに遅いと心配し始めたその時、ドアが細く開かれた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ちょっぴり歯痒い大人の恋愛。
1,646リアクション
68話 / 51,129文字 / 598
2/8 更新
片想いしていたアイツとの一週間だけの少し奇妙な初体験の話。
17リアクション
23話 / 42,832文字 / 140
2019/6/18 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する天王寺さんは、恋心を諦められるのか?
3,151リアクション
70話 / 51,014文字 / 20
1/22 更新
俺の初めて、全部あげる
35リアクション
25話 / 58,258文字 / 0
1/21 更新
完結
village
このままでは村人全員に犯される……オレは一体どうすれば……
577リアクション
36話 / 72,483文字 / 40
1/29 更新
僕はネコ太。東北一の繁華街の日本料理屋で板前見習いをしている隠れゲイです。 僕の大、大、大好きな俳
143リアクション
12話 / 33,892文字 / 0
2/5 更新