130 / 256

第四章・32

「どうしたの、守岡。遅かったじゃん」 「ごめんなさい、堀くん。ちょっと気分が悪いから、早退していい?」  それは大変。医療所で見て貰いなよ、などという堀の陰に隠れて、玲の姿が見えない。  秋也が立ち上がると同時に、ドアは閉じられた。 「守岡、具合が悪いから帰るってさ」 「……そうか」  そう仕向けたのは、自分なのだ。  後悔の波が、ひたひたと胸を浸し始めた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

完結
clematite
[R18]恋に臆病な男と、拗れてしまった一途な男の話
1,005リアクション
63話 / 79,202文字 / 152
1/20 更新
チャラい不良攻め×無自覚無知で思い込みが激しい受けの王道ストーリー
407リアクション
26話 / 42,314文字 / 852
2018/12/13 更新
俺は生粋のゲイだ。いつも行くゲイの集まるバーに好みど真ん中の男がいた!さっそく声をかけたら…
214リアクション
14話 / 47,428文字 / 20
2019/10/26 更新
僕より好かれる弟が、大嫌いだった。
15リアクション
8話 / 69,937文字 / 0
2/15 更新
お祓い業を生業としている恭介には、片想い中の圭吾にも話せない秘密があった。