134 / 256

第四章・36

 料理をリゾットにするかパエリアにするか。  そんな些細なことが発端で、こんなに酷い目に遭うことになったのか、僕は。  ここで簡単に許してしまうと、今後また同じような羽目に陥りそうで怖かった。  ひとつ、懲らしめてやらねばなるまい。  玲は眼を閉じた。  静かだ。  付近には、全く人気がなかった。 「許してあげる。でも、これから5分間、一言もしゃべってはいけません。僕に触れてもいけません。もし破ったら、もう一生口きいてやんない。いい?」 「?」  そんな容易いこと。  しかし、奇妙な条件だ。  一体、玲は何を考えているのか。  疑問をよそに、玲は半身を起しベッドの背もたれに身を任せた。  そして二人の方を向くと、突然スイッチが入ったように妖艶な流し眼をくれた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

生真面目なリーマン×男娼の青年
728リアクション
136話 / 67,026文字 / 232
2019/8/15 更新
タチ同士・売り専同士・親友同士──だけど、お前のことが好きなんだ。
289リアクション
26話 / 79,989文字 / 27
1/23 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する天王寺さんは、恋心を諦められるのか?
3,151リアクション
70話 / 51,014文字 / 20
1/22 更新
アンチ王道学園でエセチャラ男受け! ※BL大賞用に再編集版
522リアクション
52話 / 79,977文字 / 20
2/27 更新
イケメン三兄弟(吸血鬼)×捨てられた青年(人間)
14リアクション
29話 / 23,481文字 / 20
2/28 更新
愛を夢見た少年は、軍神に貪られる。