137 / 256

第四章・39

 がば、と二人は前を押さえた。  いかん、漏れる。  だが青臭いガキじゃあるまいし、そんな恥ずかしいことなどできやしない!  その姿をふふっと笑い、玲はいたずらっぽくウィンクした。 「もう、とっくに5分過ぎてるんだけど」  は、と我に返った二人に、甘えた声をかける。 「ねぇ。僕、リゾットとパエリア両方食べたいんだけど、作ってくれる? 拓斗ぉ」 「喜んで作らせていただきます!」 「ねぇ。僕、食後にはゴディバのアイスクリームが食べたいんだけど、買ってくれる? 秋也ぁ」 「100個でも200個でも買ってきます!」  よろしくね、と微笑んだ後、玲は腕を二人の方へと伸ばし、指先を妖しくくねらせた。 「じゃあ、その前に僕を食べてくれる?」  いただきます! と叫んで拓斗と秋也は玲に躍りかかった。  はぁはぁと息を荒げ、むさぼるように体中にキスの雨を降らせる。  全く二人とも子どもなんだから、と玲は優しくその髪をなでた。 「もぅ。ちゃんとお行儀よく食べてよね」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する天王寺さんの気持ちは、伝わるのか?
1,329リアクション
30話 / 41,061文字 / 70
1/22 更新
性豪筋トレDKが学校中の筋肉男子をハメ倒す!
67リアクション
33話 / 88,940文字 / 0
2/8 更新
たとえ理解されなくても、幸せならそれでいい。
2話 / 10,323文字 / 0
2/19 更新
幼馴染の会社員×会社員。年上受けの年下攻め
141リアクション
13話 / 75,845文字 / 20
1/15 更新
俳優と天才画家がたまたま、出会った。
会社経営の兄×大学生の弟。兄弟オメガバース
496リアクション
33話 / 40,637文字 / 0
38分前 更新