137 / 256

第四章・39

 がば、と二人は前を押さえた。  いかん、漏れる。  だが青臭いガキじゃあるまいし、そんな恥ずかしいことなどできやしない!  その姿をふふっと笑い、玲はいたずらっぽくウィンクした。 「もう、とっくに5分過ぎてるんだけど」  は、と我に返った二人に、甘えた声をかける。 「ねぇ。僕、リゾットとパエリア両方食べたいんだけど、作ってくれる? 拓斗ぉ」 「喜んで作らせていただきます!」 「ねぇ。僕、食後にはゴディバのアイスクリームが食べたいんだけど、買ってくれる? 秋也ぁ」 「100個でも200個でも買ってきます!」  よろしくね、と微笑んだ後、玲は腕を二人の方へと伸ばし、指先を妖しくくねらせた。 「じゃあ、その前に僕を食べてくれる?」  いただきます! と叫んで拓斗と秋也は玲に躍りかかった。  はぁはぁと息を荒げ、むさぼるように体中にキスの雨を降らせる。  全く二人とも子どもなんだから、と玲は優しくその髪をなでた。 「もぅ。ちゃんとお行儀よく食べてよね」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【R18】自分はワンコインの価値しかないんだ。受け溺愛攻め×平凡不憫受け
1,285リアクション
45話 / 79,472文字 / 50
1/31 更新
熊獣人×関西弁ショタ
7リアクション
2話 / 30,173文字 / 20
1/23 更新
高校生×鬱病サラリーマンの灰色の日々
現世の人間に恋をした神様と、神様に恋をした人間が、幸せになるたった一つの方法。
女子が怖いおデブが女装男子に出会った
3リアクション
25話 / 63,602文字 / 0
3/31 更新
新米わんこ剣闘士×人生に疲れたベテラン一匹狼剣闘士 体から始まる関係