138 / 256

第四章・40

「雨降って地固まる、というやつかね」  玲の甘い嬌声を薄いドアを挟んだ向こうで聞きながら、福田はカルテを丸めて頭をぽんぽんと叩いた。  どうやら、玲の方が一枚も二枚も上手のようだ。 「全く若いってのはいいね!」  だが、この三人なら年をとってもきっとこんな調子なのだろう。  病室を後に廊下を歩きながら、福田はくすくすと笑った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【R18】死んだと思ったのに、目を開ければ違う世界にいた。
565リアクション
20話 / 20,822文字 / 0
1時間前 更新
完結
雨鳴き
休日の先輩は、思いもよらない恰好で蛙を追いかけていた。
246リアクション
10話 / 60,079文字 / 20
2019/10/9 更新
若き書道家の初恋。攻め視点の小説です。
200リアクション
17話 / 30,466文字 / 40
2/5 更新
高校二年生の岩崎渚は イケメンで女子にモテる辻修斗のことが好きだけど告白する勇気がなくて………
1リアクション
16話 / 33,885文字 / 0
2/14 更新
不細工男×節操無しのセクサロイド のお話
5話 / 18,693文字 / 0
2/21 更新