98 / 110

希望の星 6

「あ……なぜ……?」  訳が分からない。困惑してしまうよ。 「兄さま、やっと海里先生と知り合えましたね。僕は兄さまよりずっと前から知り合いなんです」 「いつ知り合ったんだ? 僕は今日が初めてなのに……一体どういうこと?」 「だって海里さんは、僕の先生だから」 「……え?」 「最初の発作からずっと僕の主治医の先生なんです」 「そんな……」 「海里先生こそが、兄さまを救ったヒーローで王子様です」  一気に脱力してしまった。  そう言えば僕はいつも待合室で眠ってしまって、雪也の主治医の先生の名前すら知らなかった。  本当にこの人が?  「そんな……だって、あなたは……さっきはホテルの息子だって」 「あーまぁそれは、俺は次男坊で、本業は医師だ」 「兄さまってば……お母さまが亡くなってから何度も一緒に通院したのに、本当に気が付かなかったのですね」 「ごめん。いつもバタバタしていて、その……よく思い出せない」  病院へは付き添ったが、医師の顔までは気にかける余裕がなかった。借金の返済に追われ仕事に追われ、頭が一杯だったから。 「そっか……先生はずっと前から兄さまを見つめていたのに、全く気づいていなかったのですね。先生は僕が病院に行けなくなったのを心配し、何度か訪ねて下さって……その時も兄さま帰りをずっと待っていたから、流石に先生の兄さまへの想いに気付いて……」 「なんだって……」  そんなこと知らない、聞いてない。  彼を見つめると、少しきまり悪そうに笑っていた。 「出会いのきかっけを探っていたが、君はいつも帰りが遅くて会えなかった。なのに、まさかあのパーティーで会えるとは。俺も兄に頼まれて少し前から土日はホテルで催されるパーティーの監視をしていた。そこにまさか君が現れるなんて……まったく無茶な真似を」 「だって僕は……もう、どうしたらいいのか…」 「なぁ俺を少しは頼ってくれないか。君のこと、守らせて欲しい。弟さんの許可はもうもらっているよ」  僕にとって森宮さんは……『希望の星』のような人だ。  そんな人が僕を求め……守ってくれるのか。  それってどういう意味なのか。  もしかして…… 「あの……それって……まさか」 「つまり君が好きなんだ。ずっと追いかけていた。一目惚れから始まったが、知れば知るほど好きになった。君がひとりで頑張っている姿をずっと応援していた」 「兄さま……僕もそれを願っていました。お二人を応援しています。海里先生は頼り甲斐もあって大好きです。だから兄さまも少し肩の荷を下ろして欲しいです。今まで何もかも押し付けて、ごめんなさい」 「雪也……」  小さくて頼りなかったはずの弟が、急に大人びて感じた。  つまり僕は、僕自身も弟も、白薔薇の洋館も……捨てなくていいのか。  僕のことをこんなにも真剣に考えてくれる彼と……未来を歩む道、そんな道があったなんて。 「俺と付き合ってくれないか」  こんな展開信じられない。  まるで幼い雪也に読んであげた、あの、おとぎ話のようだ。 「うっ……僕もあなたのこと、本当は今日助けてもらった時から惹かれていました」  自分の心に素直になった。  本当は……あの危機を助けてくれた時から、僕も森宮さんのことが気になって仕方がなかった。  何故か懐かしく心落ち着く人……そんな存在は初めてだったから。  幼い頃から密に、ずっと大切にしていたことがある。  僕にもいつか素敵な出会いがあると信じる心。  それはきっとある日突然、おとぎ話のようにやってくると心の奥底では願っていた。  それが今、叶う──  荒廃した中庭。  それでも白薔薇だけは枯れずに、逞しく成長し、美しく咲き誇っていた。  その意味を、今日僕は知った。  白薔薇の花言葉は『純潔』だ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

長年片想いしていた親友が結婚した。悲しみに暮れた僕を助けてくれたのは君でした。(R18)
101リアクション
7話 / 3,697文字 / 52
2019/3/19 更新
本編、番外編皆様のお陰で無事完結致しました。ここまで応援していただきありがとうございました
1,706リアクション
120話 / 114,692文字 / 697
3/10 更新
出会ってはいけなかった孤独な狼獣人と変わり者生物学者が出会ってしまう物語
205リアクション
4話 / 17,544文字 / 541
2019/3/28 更新
斜に構えた生意気男子×モテモテゆるふわ現代文教師
55リアクション
9話 / 9,765文字 / 40
2019/5/20 更新
身体からはじまったぼくたちの関係。
25リアクション
52話 / 28,467文字 / 20
2019/9/8 更新
君が『好き』って言ってくれたから、おかえし、あげる。
1話 / 3,569文字 / 0
2/16 更新