12 / 75

同居人の誕生日は今日だけど、俺は何も用意してない

バイトの就業時間を終えて盛山が一息吐いていると、スマートフォンにメッセージが届いていた。差出人は同居人の細川で、晩ご飯の買い出しに付いてきてほしいという内容だった。言われなくてもそのつもりだった盛山は、返事をする時間も惜しかったので足早に職場を出る。 自転車で五分もかからないうちに帰宅すると、細川が家を出る準備をしていた。 「おかえり、盛山」 「ただいま。俺も行くから、ちょっと待っててよ」 「ああ、メッセージ見てたのか」 「うん。元々付いてくつもりだったから」 貴重品類を肩掛けバッグに詰め替えて、盛山は再び外に出る。細川が微笑んで待っていた。向かう先は自宅から徒歩十分弱かかるスーパーだ。細川は自転車を持っていないので、盛山も自転車を置いて、細川と並んで歩く。 「ご飯、何作るかは決まってるのか?」 「寒くなってきたし、シチューにしようと思う」 「あー美味しそう。良いなあ」 細川と歩きながら他愛ない話をする。 自宅で人目を気にせずに触れ合える時間もかけがえのないものだけれど、何気なく話をする時間も盛山は好きだ。 細川と盛山は先日お互いの想いを伝えあい、今はお付き合いをしている。けれど、まだ付き合ってから日が浅く、同じ家に住んでいることもあって、劇的に何かが変化したという実感はない。変わったところといえば、ご飯の買い出しに同行するようになったことと、家の中でくっつく頻度が増えたことぐらいだった。 本当はもっと恋人らしいことがしたい、と思うこともある。 けれど、細川以外に誰かと付き合ったことなどない盛山は、具体的に何から始めていけばいいのか、どういう手順を踏めばいいのかが全く分からなかった。 相手のあることなので、自分一人で考える話ではないことは盛山も分かっている。 どのような速度で、どのような内容で。それもカップルごとに違うと聞く。 では、細川はどう思っているのだろう。盛山と何がしたいのか。盛山とどう過ごしていきたいのか。今日にでも聞いてみようと思っていた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

小学校教師の片倉が父兄でカメラマンである久川になすがままにされてしまう中編。
28リアクション
63話 / 53,591文字 / 0
3/31 更新
記憶をなくした恋人の将来を思い、身を引こうとする主人公の物語です。
93リアクション
11話 / 68,170文字 / 206
2019/7/1 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する天王寺さんの気持ちは、伝わるのか?
1,882リアクション
30話 / 41,061文字 / 125
1/22 更新
敢えての神視点で読むBL
瀬川が偶然入ったバーでは、ジャズピアノが流れていた。その音は瀬川の中にぴったりと収まって……
760リアクション
34話 / 49,909文字 / 0
3/14 更新
イケメンなのにヒキの弟に、嫁になれとせまられる兄の話。
84リアクション
12話 / 90,674文字 / 0
3/28 更新