14 / 75

同居人の誕生日は今日だけど、俺は何も用意してない(3)

盛山が買い物かごの中身に違和感を抱いたのは、思い過ごしではなかった。レジを通される度に露わになっていく銀色は、明らかにアルミ缶なのだ。 基本的に、二人とも飲料は紙パックかペットボトルしか買わない。つまり、これは普通の飲料ではない……盛山はまだ飲めないもの。お酒だ。 けれど盛山は、細川が今までこれを飲んでいるところを見たことが無い。少なくとも、出会ったときはお互い未成年だったはずだ。 「年齢確認させていただいて宜しいですか?」 「免許証でいいですか」 「――はい、ご協力ありがとうございます」 店員のお姉さんと細川のやりとりは、盛山の想像を現実のものに変えていく。 つまり、細川は既に二十歳になっていて、盛山は細川の誕生日をスルーしてしまったということになる。けれど、盛山はそんなことを今の今まで知らなかった。細川が何も言わなかったからだ。 確かに細川は、自分から誕生日を祝って欲しいなどと言える性格ではない。しかも、既に成人しているということは、細川は一年浪人して大学に入ったということだろう。これも話題にならなければわざわざ言うことは無い。けれど、何かもやもやしたものが盛山の胸に残っている。細川のことを知っていきたいと思っていたのに、何一つ行動を起こしていない自分を情けなく感じる。 それだけでなく、同居をしているというのに、付き合っているというのに誕生日のことを何一つ話さなかった細川にも、僅かな苛立ちを感じていた。 会計を終えて買ったものをエコバッグに詰めていく細川に、盛山は意を決してさりげなく尋ねた。 「細川、もう二十歳になってたんだな。誕生日いつだったんだ?」 「実は今日なんだよ。さっき思い出して酒買ってみたんだ。すっかり忘れてたわ……」 「今日か……」 盛山は腕時計をちらりと見遣る。午後五時半。 ここから一番近い洋菓子屋は、二、三分もあれば辿り着ける場所にあり、午後七時まで開いている。盛山は胸を撫でおろした。細川の誕生日はまだ終わってなどいない。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

美しい躯体で調教発注者を誘惑し愛撫を受け、その愛撫を再現して少年を調教する笠井邦彦の過激BL官能小説
379リアクション
16話 / 78,740文字 / 905
2019/8/13 更新
不良の命令で『底辺ホモ』としてセックスショーをさせられることになりました
392リアクション
35話 / 64,189文字 / 0
3/30 更新
おいしい美味しい男の子・豊島くんはアルバイト学生。いつもパティシエの神野に食べられてます。 
339リアクション
24話 / 56,729文字 / 0
3/31 更新
クラブオーナー×美形ストリッパー。別次元の新宿での、ナイトクラブを舞台とした物語。
121リアクション
60話 / 63,491文字 / 38
3/8 更新
幼なじみ男子高校生の両片思いの日々
不良シンガー×美貌の王子 オレ様な人気シンガーが惚れた相手は、異国の王子だった!
1リアクション
104話 / 50,683文字 / 0
3/21 更新