19 / 75

同居人の誕生日は今日だけど、俺は何も用意してない(8)

「細川、それ違っ……」 俺はお前の食事が欲しかったのであって、お前の口の中の冷気をもらう気はない。そう細川に伝えようとしたが、もう手遅れだった。 唇同士がくっついて、その間からひんやりとした舌が口の中に入り込んできた。盛山は初めての感覚に硬直したが、頭を優しく撫でられて、力が抜けていく。細川の舌は、冷気を余すところなく盛山の口内に擦りつけていった。 「健、目瞑って」 「う……ん」 粘膜をこすられる度に、舌先に触れられる度に、盛山の胸の中からぞわぞわした震えが広がる。その震えは盛山の力を更に奪い取って、その代わりに熱を生み出した。無意識に細川の胸に縋りつくと、空いた手で盛山を抱えて支えてくれる。体の火照りが、次第に口内にも移っていった。 頭を撫でてくれていた細川の手が下りて、耳に触れる。温くなった細川の舌を舐ると、抱き寄せる力が強くなった。少し汗ばんだ匂いがする。盛山は、自分の要求を通せなかった悲しみよりも、細川と初めてのことがたくさんできている嬉しさと気持ち良さに満たされていた。ずっとこのままでも良いかもしれない。そう思ったと同時に、目的を果たした細川が唇を離した。 「……細川。俺はシチューが欲しかったんだよ。皿だけでいいって言っただろ」 「薄々そんな気はしてたけど、お前、シチューだって一言も言わなかったじゃないか。それに、オレの口の中の話をしてた時だったから、勘違いするだろ」 「……確かにそうだった、ごめん」 「謝らなくていい。オレも、何か食い違ってるのは分かってたけど、押し切ったんだから」 細川は盛山を抱き留めたまま、首筋に口付けをする。先程の会話を思い返すと、盛山は確かに何をもらってやろうとは言わなかった。主語と目的語ははっきりと口にするべきである。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

中性的で可愛い男子高校生と学校の体育教師の話です。R-18
250リアクション
51話 / 29,692文字 / 431
2018/6/2 更新
さあ、このちっぽけな世界から、二人で一緒に飛び出そう。
207リアクション
15話 / 71,708文字 / 56
1/25 更新
完結
共依存
接触恐怖症の大学生・宏輝と幼馴染の将大は互いに深みにはまり共依存へと堕ちていく。
6リアクション
82話 / 78,900文字 / 0
3/29 更新
アンチ王道学園でエセチャラ男受け! ※BL大賞用に再編集版
524リアクション
52話 / 79,950文字 / 20
3/22 更新
世話好き攻とそっけない受がじりじり距離を縮める話
6リアクション
16話 / 55,414文字 / 0
4/9 更新
俺は、気持ちわりぃってヘドが出そうな男のターゲットだった――。
562リアクション
41話 / 43,244文字 / 49
3/17 更新