20 / 75

同居人の誕生日は今日だけど、俺は何も用意してない(9)

しかも、話の流れからすると、盛山はかなり積極的な発言をしていたことになる。「ディープキスしよう?」と遠回しに誘っていたも同然だ。細川も少しは期待してくれたのかもしれない。実際は食い意地が張っていただけなのだが。 嬉しさと申し訳なさと恥ずかしさが混ざって、どんな顔をすればいいのか分からなかった。 「俺が無意識に誘ったみたいになってたんだな、恥ずかしいわ」 「そうだよ。オレは完全にその気だったんだぞ。……経緯はともかく、オレは良い思いさせてもらったし、口の中もスッキリして一石二鳥だけど、お前は不本意だったか?」 「……いや、とっても良かったし、欲を言うならもう少し続けたかった」 「そりゃあ何よりだ。折角お互い好きで付き合ってるんだし、オレだってお前と色々したいって思ってたんだよ」 お前とやってみたいこと、まだ沢山あるから。細川に耳元でそう囁かれて、盛山の胸にときめきと安心感が同時に生まれる。細川は盛山と同じことを考えてくれていて、これからも盛山を求めてくれると暗に示してくれたのだから、嬉しいという言葉だけでは足りない。 「俺も、細川と恋人らしいことしたいってずっと思ってた」 「うん」 「でも、具体的に何からしていくべきなのか全然分からなくてさ。今日、お前と相談しようと思ってたんだ」 「そうだったのか」 細川が頭をわしゃわしゃと撫でてくれる。そうされると、自然に力が抜けていって甘えたくなった。細川に頭を撫でられるのが心底好きな自分に気付く。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

小学校教師の片倉が父兄でカメラマンである久川になすがままにされてしまう中編。
28リアクション
63話 / 53,591文字 / 0
3/31 更新
将来有望なヘタレモデル×暗い過去を持つマネージャーの恋物語です。
7リアクション
15話 / 68,805文字 / 40
2019/7/4 更新
「童貞だけど一線を超えたい!」主人公が受けになる決意をするまでの話です。
168リアクション
34話 / 49,269文字 / 80
3/31 更新
わんこ系腹黒後輩×元いじめっこ先輩
14リアクション
56話 / 72,427文字 / 0
1/25 更新
不細工男×節操無しのセクサロイド のお話
5話 / 18,693文字 / 0
2/21 更新
夏月には小学5年生の時の一部の記憶がない、いとこの周一が現れたことで記憶の断片が集まってきた
1,849リアクション
41話 / 75,359文字 / 60
3/23 更新