21 / 75

同居人の誕生日は今日だけど、俺は何も用意してない(10)

「恋人らしいことをしていくべきとか、そうしなきゃいけないって考えは違うだろ。お互いがやってみたいときに、やりたいことをすれば良いと思う」 「そっか、そうだよな。……俺、細川にこうやって頭撫でてもらうの好きなんだ。安心するよ」 「オレも、お前の頭撫でるの結構好きだ。頭撫でてる時のお前、なんていうか、可愛いというか。気に障ったら悪い」 細川はそう言い置くと、照れ隠しなのか、盛山の頭を更にぐしゃぐしゃと撫でる。可愛いと言われたことは確かに引っかかるが、不思議と悪い気はしなかった。細川の照れくさそうな表情と声色が、「可愛い」という言葉を「好き」という言葉の類語に感じさせたからだ。 「細川が言うなら許してやる。なあ、他にしてみたいことがあれば教えてくれよ。俺もやってみたいこと、都度伝えるから」 「……じゃあ、さっきから思ってたんだけど、名前で呼んでくれ」 細川の視線が盛山を射抜いた。細川は最初のキスをしてから、盛山を名前で呼んでいる。盛山だって細川を名前で呼んでやりたかったが、タイミングを見失っただけなのだ。そのチャンスが今与えられている。 「分かったよ、賢太郎」 「うん。……なんだこれ、かなり恥ずかしいな」 でも嬉しいよ、と照れくさそうに頬を緩めた賢太郎が、とてつもなく愛おしかった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

オメガバース。運命の糸に弄ばれる執事と当主(DK)。二人の行く先は……?
1,242リアクション
13話 / 73,363文字 / 1,563
3/11 更新
攻め様ライの魅力に抗いたいけど、負け続ける受けちゃん希望のエロ三部作
114リアクション
20話 / 69,178文字 / 48
1/20 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する委員長様の想いは、届くのか?
2,814リアクション
66話 / 48,893文字 / 269
1/22 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する天王寺さんは、恋心を諦められるのか?
3,154リアクション
70話 / 51,014文字 / 34
1/22 更新
暗い、痛い、酷い、儚い
52リアクション
31話 / 69,983文字 / 0
1/31 更新
自分の撒いた種により気付き始めたサラリーマン。