27 / 75

同居人の誕生日は今日だけど、俺は何も用意してない(16)

「無理じゃないか? 俺が嫌とかじゃなくて、風呂の広さ的に無理って話な」 「分かってる。だから、旅行に行こう。この家よりも風呂が広いホテルもあるだろ。そこで一緒に入る」 「ええ……」 旅行の目的が観光でなくて風呂だということに、健は少なからず不満を覚えた。賢太郎が積極的なのは嬉しいことだけれど、折角遠出をするなら二人で色々と楽しみたい気持ちもある。 「嫌か?」 「そういうわけじゃないよ。折角二人で遠出するんだから、観光もしたいじゃん?」 「それもそうだな。今は酒で頭が回らないから、明日細かいところ詰めて話し合おうか。どこ行きたいか考えとけよ」 日程、場所、予算、交通手段など、決めるべきことは意外と多い。けれど、それを考えるのは明日にしよう。歯を磨いて、布団を敷いて、そこに二人で寝そべった。 二人で並んで横になるだけでは狭いので、賢太郎は腕を伸ばして健の頭の下に潜り込ませ、その腕で肩を抱き寄せてくれる。腕枕というやつだ。 賢太郎の頬に唇を寄せて口付けると、微かな笑い声がする。唇を合わせて舌を入れようとしたら、賢太郎は幸せそうな顔で寝息を立てていた。やっぱり眠かったんじゃないか、と健は呆れる。 無理矢理起こすのも忍びなかったし、相手の記憶が有耶無耶なままスキンシップをしても虚しいので、キスを一回して賢太郎の腕の中に戻った。焦る必要はない。また明日も、そのまた次の日も、こうやって一緒に眠るチャンスがある。 布団と腕の温もりに包まれて満たされながら、微睡みの中へ沈み込んでいった。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

バツイチノンケの惣菜屋店主と、親を知らない家なき子。この恋まっすぐ進めるの?
1,157リアクション
191話 / 78,665文字 / 912
2018/10/14 更新
逃げないなら、最後までヤるよ?
1リアクション
30話 / 32,742文字 / 0
3/31 更新
兄と弟。覗き、覗かれ。
70リアクション
13話 / 30,141文字 / 20
1/27 更新
異世界からの俺様王子×現代の巻き込まれ普通でいたい男子の、現代エロコメ逆転移ファンタジー。
1,021リアクション
121話 / 79,941文字 / 60
3/28 更新
ヤクザの跡取り息子は儚げな色香漂うオメガだった……。
39リアクション
12話 / 7,118文字 / 0
3/24 更新
エンジニアが中学教師に借金をし、1年間ふたりで生活する話。