30 / 75

同居人が知らない人と喧嘩してるけど、俺は止めない(3)

賢太郎が姉相手だとあそこまでぞんざいな対応になるとは思っていなかった健は、自分が普段賢太郎から優しく接してもらっていることに対する嬉しさだけでなく、彼から気兼ねなく接せる対象として見られていないことに対する不安も感じていた。 とは言え、賢太郎も知恵美も紆余曲折あって実家を出たのだろうから、その過程で何かあったと考える方が自然である。知恵美の言動からして、賢太郎の大学進学前は意外と仲が良かったのかもしれない。 帰宅して知恵美がお手洗いに行っている間、二人はお互いの取るべき行動についての話になった。つまり、健が席を外すべきかどうかについての話だ。 「賢太郎、俺は席を外した方が良くないか? 物を動かしたり煩くしたりしなければ、姉弟で喧嘩してもらって構わないからさ」 「いや、健がいなかったら収拾付かないかもしれないし、居てもらった方がオレは安心する。姉さんも人の目があれば冷静になるだろ」 「大学でもたくさんの人の目があったけど?」 「………………そういえばそうだったな。ただ、健に変な話を聞かせるのも申し訳ないし、でも健を追い出すのも悪いよな」 「俺のことは気にしなくて良いよ。賢太郎は俺にどうしてほしい? あとお姉さんにも気持ちを聞かなきゃいけないな」 賢太郎の意向としては、もし細川家の込み入った話になったとしても、健に聞かれるのは問題ないと思っているようだ。そして健も、はっきりとは口には出さなかったが、賢太郎の家のことが気になっていた。なので、自分が同席する分には構わない、と伝えてある。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

俺って残念過ぎるんじゃないかな……(´д`|||)
291リアクション
61話 / 41,721文字 / 117
2019/10/13 更新
寂しいなら、俺がお前の居場所になってやるよーー
540リアクション
21話 / 77,166文字 / 888
2018/6/6 更新
サド気味映画監督×美形ネガティブマネージャーの年の差再会系ラブです。
123リアクション
14話 / 79,991文字 / 156
3/30 更新
お人好し年下ゲイ×ノンケ性悪美人 美しいひとに振り回される恋
1,904リアクション
35話 / 68,909文字 / 987
1/18 更新
兄弟では番えないけど、僕は柊兄と番いたい
12リアクション
36話 / 36,236文字 / 0
3/31 更新
悲しく切なく甘く苦しい…ラブ&ヒューマンストーリー。
16話 / 46,577文字 / 0
4/2 更新