36 / 41

溺れていく③

「ああっ」 びくりと身体がしなり、社長の口の中に出してしまった。 ヤバい! 大きく息を荒げながら目を開け、上半身を起こすと、嬉しそうに口元を拭いながら微笑む社長と目が合った。 ごくりとそれを嚥下した社長は 「ご馳走様。」 と当たり前のように言った。 咥えられたうえに己の吐き出したモノを飲まれたという羞恥と、その妖艶な表情に心臓を鷲掴みにされたような衝撃で、俺はもう身の置き所がなくて、硬直したままだった。 そんな俺に 「もっと檸檬を食べさせろ。満腹にさせないと許さないぞ。」 なんて恐ろしい台詞を吐きながら、俺をシーツに縫い付けていく。 全身が心臓にでもなったかのように、どくどくと血が巡るのが分かる。 口の中はカラカラで、声も出ない。 フリーズした俺の髪の毛を撫でつつ 「痛くしないから。」 と優しく囁かれ、俺は(女じゃないんだけど)と思いながらこくりと頷いて、ぼんやりと社長の瞳を見つめていた。 背中をぞわぞわと甘い痺れが広がっていく。 こんなの、こんな気持ちイイの初めて。 俺、社長を受け入れたらどうなっちゃうんだろう。 社長の手が胸を触ってきた。 最初は人差し指だけで、胸の粒を捏ねていた。 つんと立ち上がると親指が添えられ、摘むようにして弄られ始めた。 じわりじわりとそこから快感の波が打ち寄せる。 身を捩るように逃げ出そうとすると、引き寄せられて宥めるようなキスを送られる。 そしてまた、胸への愛撫が再開された。 そんなことを何度か繰り返した後、じゅっ、と吸い付かれた。 口の中に含まれたまま、舌が蠢いている。 反対側は指で弄られる。 身体の奥から生まれる疼きのような感覚がもどかしくて、知らぬ間に腰が揺れていたようだった。 自然、社長の胸元に張り詰めた俺自身を擦り付けるような形になり、その圧迫感がまた快感に拍車をかける。

ともだちにシェアしよう!