86 / 105

第75話

 それは、俺にとってひどくショックだった。  ガウンを羽織ったままコトに及ぶことはまぁ全く無かったわけでは無いが、その夜はミハイルの顔色がやけに悪かった。   俺が快感の波に耐えきれず、ヤツの腕にしがみついた時、ヤツは一瞬顔を歪め、少しだけ、ほんの少し、さりげなく俺の指の位置をずらした。    ー腕.....かばってる.....まさか...ー  俺をベッドに押し倒した時にも、ほんの僅かだが眉をしかめた。俺は我慢できずに、起き上がり、ミハイルを見据えた。 「お前、何を隠してんだよ!」 「どうした?ラウル......なんのことだ?」  ヤツはいつもどおり平静な声音で、表情も動かさずに言った。...が、その目が、瞳がほんの少し動いた。俺はそれを見逃さなかった。 「腕....見せてみろよ。ガウン脱いで.....」 「藪から棒に何を言い出すんだ。別に何も...」  言い終わる前に、俺はさっさとヤツの濃紺のガウンの上半身を引っ剥がした。 ーやっぱり.....ー  夜目にもはっきりわかる左腕に巻かれた白い包帯.....微かに血が滲んでいるようにも見える。 「どうしたんだ、これ!?」  俺の頭の中に言葉になりきらない不安が沸き起こり、脈拍が早くなる。俺の切羽詰まった声にミハイルが小さく笑った。 「.....ほんのアクシデントだ。大した怪我じゃない」   ー嘘だ......ー  今はそう見えないだろうが、俺だってそういう場面に何度も出会してきた男だ。誤魔化そうとしてもすぐわかる。  「撃たれたのか?」  ヤツは一瞬、しまった.....という顔をしたが、すぐに元の表情に戻り、さっきと寸分違わぬ口調で答えた。 「違う。.....ちょっとした事故で切っただけだ。大したことはない。.....すぐに塞がる」 「嘘つけ!」  上目遣いで睨む俺に、ミハイルは片眉を上げて、小さく息をついた。 「嘘などついていない、ラウル。.....大丈夫だ。こんな小さな怪我に、そんなに慌てるな...」  ヤツの指が俺の頬に触れ、唇がそっと俺の唇に重なった。 「まぁ、ちょっとしくじってしまったが、お前がそんなに心配してくれるなら、悪くはないな」 「そういう問題じゃない。心配って.....びっくりしただけだ。いきなり怪我なんかしてたら、誰だって驚く」  はっ....と我れに帰って言い訳の言葉を探す。急に顔が熱くなる.....明かりを落としておいて良かった。きっと俺は真っ赤な顔をしているに違いない。...俯く俺の耳許でヤツが小声で囁いた。 「驚かせてすまないな。....だがお前に心配されるのは悪くない...」 「だから.....」  ヤツはニカッと笑い、狼狽える俺をベッドに引き倒した。 「そんなに可愛い顔をされたら、我慢できんな...」  ヤツの指が脇腹をなぞる。俺はぶるりと身体を震わせた。ヤツの股間が張りきっているのがわかり、堪らなく後ろが疼いた。 ーけど.....ー  無理はさせられない。ヤツは怪我をしている。俺はぎゅっと眼を瞑り、意を決して言った。   「俺が上になる。.....あんたは大人しくしてろ」  ヤツは眼を見開き、だが口許を嬉しそうに歪めて言った。 「ご主人様にしっかり『ご奉仕』してくれ、パピィ」 「その言い方はやめろ!」  少しだけ、きゅっ....とヤツのモノの先端を抓ってやった。ヤツはちょっと顔を歪め、だが軽く笑って囁いた。 「『旦那』は大切にするもんだぞ、奥さん」 「あのなぁ....」  そうして埒も無いやり取りをしながら、慎重にだが存分に互いを確かめた。    翌朝、ミハイルが出ていった後、俺はそうそうにニコライを呼んだ。 「どうしたんですか?.....喧嘩でもしましたか?」  余程、顔が強張っていたんだろう。ニコライは入ってくるなり、眉をひそめた。こいつも随分と俺を舐めてくれているような気がする。 「そんな事じゃない」  俺は、指先でトントン.....とデスクを叩いて、ニコライを睨んだ。 「どうなってる?」 「何が.....ですか?」 「しらばっくれるな」  こいつがたいがい白々しいのには慣れた。今はそんなことは問題じゃない。 「ミーシャが傷を負ってた。撃たれたんだろ?誰にだ?崔の一味か?」  俺の問いにニコライは溜め息混じりに言った。 「それを知ってどうするんです?ボスの怪我はかすり傷です。あなたが詮索する事ではない」  はっきり突っぱねられたが、俺としてもここは引くわけにはいかない。 「俺はヤツのパートナーだ。ヤツの身を案じるのは当然だろう」 「ラウルさん、ボスを思うお気持ちは分かりますが、血気に逸られてはかえって迷惑です」  あくまでもニコライは冷たい。だが、俺はとにかく食い下がった。 「無茶はしねぇ。だが、アイツの置かれている現状くらい教えろ。俺はヤツの女房なんだろ?男だけど.....」  俺はとにかくニコライに詰め寄った。俺の真剣な眼差しに根負けしたのか、ニコライは、本社が危うくテロを仕掛けられそうになったこと、ヤツがスナイパーに狙われたことを白状した。 「お気持ちは分かりますが、下手に動かないでください。事態は収拾しています。ボスやファミリーのことを思うなら、ここでじっとしていてください」  ー崔の狙いはあなたでもあるんですーニコライは冷徹に俺に釘を差した。 「だが、俺だって男だ。ヤツを守りたい」 「ですが.....」  ニコライは困惑したような、少しだけ嬉しそうな顔をして、俺を窘めた。  だが、結局、ニコライは俺の真意を信じる...として、ミハイル用にGPS発信器つきのカフスボタンとシガレットケースー超硬質金属製だー、タグネックレスを作ってくれた。 「まぁ、浮気防止に頼まれたことにしておきますよ」  ニコライはやれやれ...といったふうで、だが何か今までより近しいような苦笑いで言った。  俺は、ミハイルを守る。ヤツには黙ってだが、ニコライとイリーシャと極秘でガーディアンチームを結成した。  今の姿形はどうでも、俺は抗争も『戦争』も経験者だ。 ー軍隊あがりを舐めるなー  俺は、素知らぬ振りでミハイルにタグを着けさせ、にっこり笑って胸の中で呟いた。

ともだちにシェアしよう!