24 / 160

三歩進んで五歩下がる③

役たたずにしてるのは、お前じゃないか!そもそも、嫁候補の仕事ってなんだよ! 夜伽?それだけ? そうだとしても、あの一回のお渡りで、オレに愛想をつかして、あれから一度も渡らないのは、お前の勝手じゃないか! それなのに……。 あんな風に言われて、腹が立たないヤツがいたら、おかしいよ。 そうでしょう?違うんですか?父上。 いくら、自分の主君だとしても、あんなことを言われてまで、尽くさないといけないんですか? 嫁候補らしい仕事をさせていないのは、あいつ自身じゃないか! もう、奥方にする気なんかないのなら、解放してくれたらいいのに。 それでも、あんな風に『余のもの』だなんて言って、縛ってきて……。 なんなんだよ! 帰りたい……。 父上。母様。 教室で、机に突っ伏していると、ふいに声を掛けられた。 「どうしたの?」 「っ?!」 ふっきーだ。 オレの靴を持っている。グラウンドに、置きっぱなしだったんだっけ。ふっきーに、礼を言って、受け取った。 どうしてわかったんだろう?ここにいること。 「泣いてたの?」 「……」 「つらい?」 そんなことを聞いてきて……。ふっきーは、さっきのこと、知ってるのかな? なんてったって奥方第一候補で、あの『鎧鏡くん』と仲良しだし、何でも知ってるのかも。 役立たずのオレとは違って、何でも出来るんだろうしさ! 「……うん」 「……」 「もう……うちに帰りたい」 「雨花ちゃん……」 「そんな名前で呼ばないでよ!」   あいつが付けた名前なんかで……。 「すめは……すごく、いいヤツだよ?あんなんだけど、すごく繊細で、傷つきやすいところがある。トップになるために育てられてきた人だから、ちょっと態度が大きくて、誤解されやすいかもしれないけど」 態度が大きいのが問題じゃない! 繊細で傷つきやすい? そんなヤツが、あんな風に、人を傷付けるようなことを言う? 「ふっきーが、そうやって分かってあげてるんだから、早く奥方になればいいんだよ!そうすればオレは、うちに帰れるんだから!」 こんなの、八つ当たりだ。わかってる。優しくしてくれるふっきーに、八つ当たりなんかして……。 だけど、気持ちが止められない。 「あいつ、オレを手打ちにするって言ったんだ!したいならすればいいんだよ!そのほうが……」 もう、苦しまなくて済む。 「そんなこと、言わないであげて」 ふっきーが、目を伏せた。 「すめだって、傷付くよ」 どうして? どうしてだよ! 傷付けられたのは、オレのほうだよ? 結局、ふっきーがオレに声をかけてきたのは、あいつのためなんだろ? そんなに大事なら、ふっきーが早く結婚してやればいいんだ! そんなにあいつは偉いのかよ!人を傷つけても、あいつが絶対に正しいの? そんなの……おかしいよ! それが、鎧鏡家では当たり前のことだって言うなら、オレは、これ以上あそこにはいられない。 家臣を傷付けても、なんとも思わないような殿様に、忠義を尽くすなんてこと、オレには出来ない! 受け入れられない! そのまま、オレは体育祭には戻らず、車を呼んで鎧鏡家に戻った。 あいつの隣の席に、普通の顔で座っていられるわけがない。 そんな……自分に嘘をつくようなこと、オレには、出来ない。

ともだちにシェアしよう!