2 / 3

第2話◎

2  父の寝室の秘密を知ったのは、中学生に上がった後だった。  桐矢は相変わらず綺麗なままで、光に優しかった。白磁のような肌は歳を重ねるに連れて磨きがかかり、色気を増していった。  男性にしては滑らかな腰から足にかけてのラインを見ていると、身体が熱くなる。いたずらのようにそこに触れては、何度も桐矢を困らせた。 「ひゃっ……。もう、駄目だってば」 「ははっ。桐矢さんがどんくさいから」  形だけ怒ってみせる桐矢から、笑って逃げる。あくまでふざけているという体を保つためだ。  本当は気付いていた。自分の性の目覚めに。  友達もろくにいない光は、同世代が好んで見る雑誌や動画については知らない。代わりに、ずっとそばに桐矢がいた。  桐矢の放つ色香は、年頃の少年にとって強烈だ。はじめて光が自慰のお供に妄想したのは、風呂上りの火照った桐矢の姿だった。  そんな頃だった。  ある夜、喉が乾いて目が覚めた。台所に降りて水を飲み自分の部屋に帰る途中、父の部屋から明かりが見えた。  普段は堅く閉ざされたドアが、半開きになっている。  はじめは興味本位だった。ドアに近づくにつれて、桐矢のすすり泣くような声が聞こえた。  光はもう無知な子供ではない。それが意味するものを予想できた。予想しながらも、そっとドアの隙間を覗き込む。 「あっ、あぁっ、みかどさっ、だめっ」 「ここがいいんだろう、桐矢」  ベッドの上に裸で仰向けになり、しどけなく脚を開く桐谷。  淫らな声をあげながら腰を揺らす彼の尻穴に、父の指が入れられていた。 (あんなところに、指が……)  手のひらを上にして、中指と人差し指を激しく抜き差しすると、桐谷は悶えるように脚を伸ばした。 「はぁっ……! あっ、んぁっ、あー!」  ビクビクと痙攣するように、桐谷の身体が震えた。矯声の混じった息づかいを聞いて、光の下肢の中心に熱が集まりはじめる。 「はぁ……はぁ……あっ、待って、まだ、ぁん」  息も整わないうちに、再び太い指が桐矢の中に侵入する。  指を深くくわえこんだそこは、まるで別の器官であるかのようだ。きゅうきゅうと父の無骨な指を締め付けている。 「お前はここが気持ちいいのだろう?」 「あぁっ、だめ、まだイッて、あ、あぁ」  深いところに入れたまま、指を腹側に押すように動かしている。光は知る由もないが、前立腺のあるとこを刺激しているのだ。  腹の奥にあるそこを押されるたび、桐矢が甘い声をあげて跳ねた。  抵抗するように閉じられた両足を、父は無造作に持ち上げる。桐矢はされるがままに脚を上げ、父に導かれて健気にも自分の手でそれを持って支えた。  白い尻がシーツから浮き上がる。犯してくれとばかりに小さな孔が父の眼前に晒された。隠すもののない桐矢の裸体とは対象的に、父は上下ともに服を着たままだ。 「も、だめ…! あっ、いくから……挿れてっ」 (いく?)  桐矢の懇願を受け入れたのか、荒々しい指遣いが止まる。焦らすようにゆっくりとそれを抜いたあとに、自らのズボンの前に手を伸ばした。  大きくて赤黒い、大人のものが布の隙間から出てきた。光の未熟なそれとも、桐矢の愛らしいそれとも違う。 「これが欲しいか?」 「欲しいです……。帝さんの、挿れてほしい」  桐矢が誘うように太腿をすり合わせる。光は生唾を飲んだ。  激しい愛撫によって赤くなったそこに、凶悪な肉棒があてがわれる。先端に触れた孔の縁が拡がる様は、吸い付いているようにも見えた。 (入ってしまうのか、あんなものが)  無意識に、下着の中の自分のものを触った。  光が見ているなどとは露も知らず、父は欲望のままに桐矢の中を押し拓いていく。 「あぁ……ん……はぁ……」  慣れているのか、桐矢の顔に痛みは見られない。代わりに口を開き、赤い舌をちらつかせながら熱い吐息を吐いている。  あんなに大きなものを、ついに根本まで飲み込んでしまった。 「動くぞ。奥がいいか」 「はい……、あっ、あっ! ああっ!」  桐矢の口が閉じる間もなく、容赦のない律動が始まった。  快楽に跳ね回る桐矢の腰を、逃がすまいと両腕で掴む。固定され、逃げ場の無い桐矢の中を、肉棒が何度も蹂躙した。  パンッ、パンッ、と肉がぶつかる音と、開きっぱなしの桐矢の口から漏れる矯声が部屋中に響く。  唾液を零しながら必死に喘ぐその口を、噛み付くように父の口が塞ぐ。遠目からでも、激しく絡み合う舌が見えた。 「ふっ……うっ、はっ……」  貪るような口付けをしながら、押さえつけた桐矢の腰に打ち付けるように父の腰が動かされる。甘やかな喘ぎ声のかわりに、ぴちゃぴちゃと唾液の交じる音がした。  次第に動きは速く、激しくなる。最後に奥に入り込んたあとに、2、3度ほどさらに奥へぐりぐりと抉るような動きをする。 「ん、んぅ、んーーーー!、んっ」  桐矢の身体が一際大きく跳ね上がり、ビクビクと激しく痙攣する。暴れる桐矢を押さえ込むように父の腰が動く。押さえつけられながらも、桐谷の身体は震え続けた。 (これが、いく、ということか)  はっとして下を見れば、右手の中が光の白濁で汚れていた。  光は、2人に気づかれないようにそっとその場を離れた。

ともだちにシェアしよう!