20 / 105

再会⑨

『今日もバイト大変ですね。 頑張れるように応援してます!!』 『ありがとー』 あれからいつの間にか叶芽とよくやり取りするようになっていた。 念を押すが、高級菓子をくれたからではない。 確かにあれは美味しかったし、家族も相当喜んでいたし、とても礼儀正しくてイイコだなぁと言う印象だが、第一に感じたのは彼と話すのは楽しい。 少々不思議ちゃんな所や、飾らない感じがまたいい。 こちらも素で話せてる気がする。 たまにバイト先のカフェにも来てくれる。 こちらが仕事中はただ静かに食事を堪能していて、その後『今日も美味しかった』とメッセージをくれる。 しかし直接話せる機会が少ない。 バイトもあるし、バイトが無い時は家の事もあるので、中々会う機会が無い。 「はぁ……」 「どうしたの?ため息ついて」 この日はカフェではなく、コンビニのバイトだ。 バイトは2ヵ所掛け持ちしている。 店裏でスマホを見ていた所、バイト仲間の女性から声を掛けられた。 「いや、何でもないです」 「そう?いつも完璧な宮市君がため息なんて珍しいから……」 「完璧だなんてそんなこと無いですよ」 謙遜するも、またまた~なんて肩を叩かれる。 「宮市君大人っぽいから、私より年下に見えないよねー。 ホントカッコいいし」 「そうですかね……?」 19歳の大学生だと言う彼女は、よく渚に話し掛けてくる。 自分に向けてくる仕草や話し方などから、自分に気があるように見える。 残念ながら彼女に対しては好意など一切無い。 寧ろこんな風に馴れ馴れしい人間は男女問わず苦手だ。 渚はスマホをしまってさっさと業務についた。

ともだちにシェアしよう!