23 / 713

理不尽な恋が終わる刻 6(雪夜)

「……雪夜、おいで」  ふっ、と微笑んだ夏樹が、自分の膝をポンポンと叩き、両腕を広げて雪夜を呼んだ。 「おいでって……」 「膝の上」 「ぇっ!?」  それってつまり……?  あの行為の時にはよくその体勢になるが、雪夜からそこに(またが)ったことはないので躊躇(ちゅうちょ)していると、夏樹が 「大丈夫、何もしない。雪夜を抱っこしたいだけだよ」  と、苦笑した。  え、抱っこ?  夏樹がもう一度雪夜を呼んだ。 「……はい」  ゆっくり近づいていくと、夏樹が手を伸ばし雪夜の腰を掴んでグイッと引き寄せた。  夏樹の膝の上で向い合せになると、そのまま夏樹の胸に抱き寄せられた。  なんで俺……この状況で抱っこされてるの?  身体を硬くしている雪夜を落ち着かせるように、よしよしと頭を撫でながら夏樹が話し出す。 「あのね、正直びっくりした」 「……はい」  そりゃそうだろう。 「俺は、ずっと雪夜に後ろめたさを感じてたから、そうじゃなかったってわかって安心した」  夏樹は、雪夜に言い聞かせるかのようにゆっくりと優しい口調で話す。 「……ごめんなさい」  すべては俺の嘘だもの……夏樹さんは何も悪くない…… 「怒って当然ですよ……俺……夏樹さんの良心に付け込んで、ずっと騙してた……」 「うん、騙されてたのは驚きだけど、別に怒ってないよ」 「へ?」 「そうだなぁ~……雪夜が、本当にあのことをネタに俺を陥れて強請ったり、騙すような嫌な奴だったらきっと怒ったと思う」 「……俺、その通りの奴ですよっ……!?」  ガバッと顔をあげて夏樹を見る。 「ん~?ははっ……雪夜は違うよ」  夏樹が笑いながら雪夜の額を軽く指で弾いた。 「違わなっ……(いた)っ!」 「あのね、本当に人を騙すような人間は、あんなに無邪気に笑ったり泣いたり照れたりしない。ましてや自分の嘘にこんなに心を痛めたりしないんだよ。そもそも、雪夜は付き合ってって言っただけで、それ以外に何か俺を強請ったり騙したりしたことなんてあった?」  夏樹が雪夜の両頬を包み込んだ。  夏樹の声がひどく優しい。 「だ……けど……」 「雪夜のことだから、この半年間、俺にいつ話そうかずっと悩んでたんでしょ?泊まっていかなかったのも、騙してる後ろめたさから……でしょ?」 「……はぃ」 「雪夜がね……たまにひどく辛そうな顔をしてるのが気にはなってたんだよ。でも、俺が話しかけるとすぐに笑顔を見せてくれてたから、何となくそのままになってた。その時にもっと追及しておけば、こんなに長い間雪夜が苦しまずにすんだのに、ごめんな」 「夏樹さんは……何も悪くないです……これは俺の自業自得だから……」 「雪夜、ストップ!」  雪夜がまた自虐的になっているのを感じたのか、夏樹が途中で遮る。 「もういいから。ちゃんと話してくれてありがとね」  夏樹がギュッと腕に力を入れた。  雪夜の好きな夏樹の匂いに包まれて、昂っていた気持ちが徐々に落ち着いてきた。  そのまましばらく、夏樹は何も言わずに抱きしめてくれていた―― ***

ともだちにシェアしよう!