730 / 761

夏休み4人旅☆31

** 晃・side ** 楽しい2人きりの時間は あっという間に過ぎて・・・ 「ただいまー!」と大きな声がして バタバタと騒がしく 晴臣さんが入ってきた。 『おかえり~。』 『おかえりなさ~い。』 『おう!ただいま~!』 元気だな・・・。 フラフラになって新見さんに抱き抱えられて 帰ってくると思ってたのに。 新見さんをチラリと見ると 新見さんはやれやれって感じで肩を竦めて見せた。 シなかったのかな? 少し スッキリしてるようにも見えるけど・・・ でも満足してないようにも・・・・ うーん、どっちだろ。 なんて、思っていたら、 『なあなあ!アイス買ってきたっ!』 晴臣さんは嬉しそうに ガサガサと袋からカップアイスを出して並べる。 え。 まだ食べるの・・・・? 胃袋も元気だなー。 『食べよーぜーっ!』 『わー♪美味しそう~♡』 まあ、遊も喜んでるし・・・・いっか。 並べられた4つのアイス。 どれにしようか悩んでいると、晴臣さんが 『俺はこれとこれっ!』 と、イチゴとチョコを取ってしまう。 『・・・・・・・んん?』 と、なると 残るアイスは2つ。 『あれ・・・・?』 数が合わない。 遊と2人して固まっていると 『あ、俺いらねーから。』 新見さんが持っていた袋から 缶ビールとつまみを出してテーブルに置いた。 あ、なるほど。 新見さんはそっちか。 『いっただきまーす!』 嬉しそうにアイスを食べる晴臣さん。 あっという間に1つめを平らげ、2つめに手を伸ばす。 『ハル、ゆっくり味わって食えよ?』 『ん・・・っ!?・・・・ん、うん・・・!』 新見さんに注意されて、口いっぱい頬張ろうとしていたアイスを慌ててカップに戻す。 その仕草が可愛くて 思わず笑ってしまう。 『食ったら歯ぁ磨けよ?』 『・・・・っ、分かってるよ!子供じゃないし!』 ぷくっと膨れてアイスを口いっぱい頬張る晴臣さん。 ぷっ。 やっぱり子供・・・・・・ なんて(こっそり)思う俺だった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!