2 / 12

第2話

 とてつもないマイペースで、自分が決めたルールを破ることはない。  おかげで、彼の周囲では迷惑がかかりっぱなしだろう。  それは見なくともわかる。  ……はあ。  俺はひとつ、深いため息をついてから、口をひらいた。 「......おめでとう。それよりフラン、ここは危ないと何度も言っているだろう? またサメに襲われたらどうする?」  ――そう。  フランは3ヶ月前、この深海に迷い込み、サメに襲われていた。  危うく殺されそうになるところへ俺が出くわし、サメを撃退した。  それがそもそもの発端だ。  それからというもの、なぜか俺はフランにつきまとわれ、滅多にやって来ない、この深海で人魚を頻繁に見ることとなった。 「危ないから来るな」  何度、そう言ったことか……。  だが、そうはいっても好奇心旺盛な彼はけっして首を縦に振らず、こうして毎日のようにここへやって来る。 「襲われなかったもん。大丈夫だもん。それに、僕に何かあったら、きっとクライドは助けてくれるもん......」 「フラン......。俺は汚れた者だ。お前のように美しくもない。皆も言っているだろう? 俺と会うなと......」  頬をふくらませて拗ねるその姿はとても愛らしい。  彼と同性の俺でもそう思う。  だからこそ、ここには来ない方がいい。  ここは善も悪もない恐ろしい場所だ。  可愛らしい容姿をしたフランは、ここの住人にとっては格好の餌食だ。  美しい人魚を狙う奴も少なくはない。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!