8 / 10

第六話・ユージン編※

離れた唇が淫らに糸を引く。 「ぷ、はぁ………ッ」 (く…くちのなか、きもちよすぎて、わけわかんなくなる……っ) 何度目か分からない口吸いに、酸素を求めてヴィクターの肺が大きく上下する。眼下にあるユージンの顔は平静ながらも熱を帯びていて、天と地ほどある経験値の差を否応なく感じさせた。 一体自分は今、どんな顔をしているのだろう。そんな考えが、ヴィクターの頭から離れない。上司の前での体面というものは、容易には捨てられないのだ。信頼できる人だからこそ、それを壊すのが怖い。 「緊張してる?」 そんな迷いを見透かしたように、柔らかなヴィクターの声が注がれた。「朝もそうだったね」 「あ、あれは……違います」 「違う?」おずおずした返答に、ユージンが首を傾げる。 「あれは…教官になる人が、こんなにかっこいい人なのかと、照れてしまっただけで」 「うれしいな」 「!」 返答と共に首へ顔を埋めると、ヴィクターは喜色を隠すこともできず、頬を赤らめた。 ユージンの言葉には一貫して拒絶の響きがない。それは年下の新入団員に対する教官としての優しさであり、自分にアプローチしてきた男に対する色男としての優しさだったが、少なくとも、ヴィクターの人生にとって非常に稀有な経験だった。 「っん………、ぁ」 首筋への刺激に、ヴィクターの身体が跳ねる。 「かわいい」 「……は、反応に困ります」 畳みかけるように褒めると、ヴィクターは居心地が悪そうに目を背けた。どうやら自分が好意を向けられるのには慣れていないらしい。 今日出会ったばかりとはいえ、なかなかどうして、可愛らしい後輩ではないか。肌着同然のヴィクターの服に指を滑り込ませながら、ユージンは唇を舐めた。 真面目で優秀で、少し臆病かと思えば、隙だらけで、愛され慣れていない男。 (先ずは愛され慣れて貰わないとな) 「ん、…ぅ、は、ぁっ、あ……」 喘ぎ声というには未熟な、押し殺した声を解すように、ヴィクターの肌を愛撫する。既に中心は芯を持ち、とろりと先端が濡れていた。 「ヴィクター」 「はい?」 快感に乱れる、という状態からは程遠いものの、きょとん、として見つめ返す火照ったヴィクターの顔はどことなく無防備だった。 そんなヴィクターに見せつけるように、下着の下にある秘めた窄まりを、とんとん、と優しく撫でる。 「抱かれる準備をしようね」 「──ッ!」 白い肌をこの上なく赤くしたヴィクターはしかし、その言葉に、確かに頷いた。

ともだちにシェアしよう!