6 / 622

1.偶然はいたずら 6

「彼女が僕のことが好きだと言った。でも、僕は興味がないと言っただけだ」 「マリエちゃんの告白を断ったのかよ!?」 「そうだけど、何か問題が?」 何が、何か問題が? だよ!! 問題だらけじゃねぇか‼︎ マリエちゃんに好かれてるだけでもムカつくのに、振っただと!? はぁ⁉︎ 「お前、何様だよ。どうしてマリエちゃんを振るんだ」 「興味がないんだからしょうがないじゃないか」 「でも、興味がなくてもあんな可愛い子から言われたら普通付き合うだろ?」 「なんだ? 柏木は僕が付き合ったほうが良かったのか?」 いや、それは嫌だけど。 マリエちゃんは俺のものになってほしいからこんなヤツの女になんてなってほしいわけねぇけど、泣かされるのも嫌なんだ。 そう思ってグルグル考えていると、気がついたら新藤は俺のすぐそばに立っていた。 「な、なんだよ」 「僕はね、好きな人以外とは付き合わない。それにあの子はタイプじゃないし」 「タイプじゃないってあんなに可愛いのに。お前って高望みなのか?」 すると、新藤は俺にゆっくりと近づいてきた。 「知りたい?」 「別に知りたかねぇよ」 なぜか、どんどん新藤が俺に近づいてくるから思わず後退りしてしまう。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

最高の不幸は最高の出逢いを呼ぶ。聖夜に最低の大失恋と最高の出逢い…
50リアクション
6話 / 4,506文字 / 225
2016/11/23 更新
力を制御出来ない鬼と、生け贄を引き受けた少年の物語です
4,572リアクション
538話 / 289,071文字 / 1,091
2019/5/4 更新
ぎゅってして欲しいのに遠慮して言えない司くんと、全部解ってる颯真くん
36リアクション
1話 / 1,379文字 / 84
2017/6/19 更新
心と身体が伴わない世界はもう終わった、はずだった――。
2話 / 1,885文字 / 0
2017/10/5 更新
連載中
ジョート
【J.O.A.T】のSS集
6,659リアクション
51話 / 25,102文字 / 3,250
2019/12/30 更新
連載中
+7 brothers
僕を女手一つで育ててくれた母さんがある男の人と結婚した。そしてその日から7人の兄弟が家族になった。
5リアクション
13話 / 4,544文字 / 76
2018/4/20 更新