7 / 622

1.偶然はいたずら 7

その異様な雰囲気に少し怯んでしまう。 なんだ? 俺は殴られるのか? いや、殴ってやりたいのは俺のほうだし。 そんなことを思いながら睨み返していると、新藤は俺のことをまっすぐに見ながらニヤリと笑った。 「僕の感情をかき乱すのはただ1人だけだよ。そういう感情ってさ、好きってことだと思う?」 「はぁ? そんなの俺が知るかよ。そうなんじゃねぇの?」 知らねーよと思いながら、俺は投げ捨ているように言った。 自分の恋もままならないのに、人の恋路とか、しかも天敵の新藤のことなんかわかるわけねぇだろ。 そんなことを思っているうちに、自分の置かれている状況が変化していることに気付いた。 つか、何この体制。 いつの間にか壁際まで追い詰められている。 すると、新藤は目を細めそのまま続けた。 「そいつとキスでもしたら好きかどうかわかるかな? どう思う?」 「俺が知るか! つか、お前なんだよ! 何で壁際に……」 睨みながら見上げた瞬間、俺の理解の範疇を超えた出来事が起こった。 近付く顔。そして、唇に伝わる感触。 なんだ? なんだ? これは。 俺、何をされているんだ? も、も、も、も、もしかして、キス────!?

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

入選 テーマ縛り短編小説コンテスト ~ 結婚 ~
R18 / 好きだから、触れてみたくて、その肌の熱を知りたくて…僕は嘘をついた。
649リアクション
12話 / 5,000文字 / 1,404
2017/6/20 更新
僕は君への想いを表現できる言葉を知らない。だから、描くんだ。
3話 / 8,376文字 / 20
2017/11/5 更新
【R-18】おじ様ふたりと、そのふたりの周りにいる他カップル2組の山あり谷ありの恋愛模様
583リアクション
6話 / 15,056文字 / 464
2019/11/7 更新
何とか幻のケーキが食べたくて俺は変身した
95リアクション
184話 / 121,435文字 / 80
2019/10/28 更新
連載中
月の桂
(二次創作)小説家×小説家の友人 「君には俗欲のカケラも無かったが 俺は君が欲しかった」
16リアクション
8話 / 16,844文字 / 40
2019/1/19 更新
幸次は淫魔だ。そんな幸次に告発した光成だったが、どうしても受け入れてくれない!
5話 / 1,455文字 / 0
2019/10/31 更新