50 / 622

第5章 宙に浮いた気持ち 1

チュンチュンと鳥の鳴き声が聞こえる。 カーテンの隙間からは日が差していてちょっと眩しい。 モゾッと動こうとしたら、俺の体に何かが巻きついていて、目を擦りながらよく見るとそれは人の腕だった。 ん? ここはどこだ? これは、誰の腕? そう思って振り返ると、し、し、新藤!! そうだった……俺は新藤の家に来てたんだった。 しかも、昨晩はアンナコトやコンナコト……。 つか、こいつは一晩中俺のことを抱きしめたまま寝てたのか? すると、俺が動いたからか新藤も起きたみたいでゆっくりと目を開けると、にっこり微笑んだ。 「おはよう」 「…………」 な、な、なんだよ! こいつはなんで起きぬけであんなに爽やかなんだよ! 俺はとっさに黙り込んでしまったが、新藤はクスッと笑うと起き上がって散らばった服を集め、クローゼットからTシャツを出して俺に投げた。 「それ着ていいよ」 「おう……」 そして新藤もTシャツを着てズボンを履くと部屋を出て行った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

酔っ払った落ち目の作家が目を覚ましたそこには、和服姿の男が自分に跨っていた。
45リアクション
8話 / 22,835文字 / 156
2017/4/15 更新
意図せず、憧れの人に痴漢しちゃうDKの話(1話ごとに視点が入れ替わります)
174リアクション
7話 / 16,450文字 / 252
2017/5/7 更新
生身と生霊、二人の恋人に挟まれる志信のドタバタ恋愛譚。
15リアクション
13話 / 55,516文字 / 49
2017/5/10 更新
SSという名前の一話完結エロ文章です。R18指定。物語性を求めないエロです。
132リアクション
11話 / 12,900文字 / 242
2018/6/18 更新
社会人×流浪のピアニスト──あなたは、あの人と瓜二つだ……。
10リアクション
35話 / 35,874文字
2018/2/27 更新
「お願い!兄さんで童貞捨てさせて!!」【R-18】
369リアクション
28話 / 16,678文字 / 338
2018/4/10 更新