49 / 69

第49話

タオルを巻いて誤魔化してはいるが、智也の息子はもう完全に勃ちあがっている。祥悟の腰を引き寄せると、太ももに硬いものが当たった。 (……これ、祥悟の……‍だよね?) 反応しているのは、どうやら自分のだけじゃないらしい。祥悟は焦って腰を引こうとしているが、智也は気づかないフリをして、ボディソープのボトルに手を伸ばした。ワンプッシュ、手に出して両手で泡立て、祥悟のお尻を両手で包む。 「……っどこ、触ってんだよ」 「え。お尻。……洗うよ‍?」 尚も腰を引いて逃げようとするのを許さず、小さな丸みを撫で回した。 きゅっとほっぺの凹んだ形のいいお尻は、すべすべしていて触り心地がいい。腰から尾てい骨付近を繰り返し撫でると、気持ちいいのか、祥悟は智也の腕にしがみつくようにして腰を揺らした。 「小さいな、君の尻。この辺、気持ちいいだろ?」 「……ん……ぅん……そこ、触られる、と、ぞくぞくって、なる」 「ここ、君の性感帯だね」 「……っん……女も、ここ、弱いのかよ……‍?」 「人にもよるけど。彼女はこの辺、気持ちいいって言ってた」 祥悟が顔をあげ、潤んだ目で見上げてくる。 「……惟杏、さん‍が?」 「うん。あ……。俺が言ったって、彼女には内緒だよ」 「一緒に、……っシャワー、浴びたんだ‍?」 智也は首を傾げて考えた。 (……どうだったっけ。あの時は無我夢中だったから。一緒には、浴びなかった……かな) 「いや。ここがいいって教えてくれたのは、たしかベッドの中だったよ」 正直に答えると、祥悟は何故だか悔しそうな顔になり 「ふーん」 鼻を鳴らしてそっぽを向いた。 智也はもう1度祥悟の身体を抱き締めると、泡だらけの肌と肌を擦り合わせた。素肌が直接触れる感触は、堪らなく心地よかった。 「どう‍? だんだんその気になってきた?」 「ばっ……か。俺を、その気にして、どーすんのさ? 俺が、知りたいのは、女の抱き方だし」 祥悟は赤い顔をして、ぷーっと頬をふくらませた。 「でも、身をもって知っただろ? こうやってムード、高めるんだって」 「……まあね。智也の手つき、いやらしいよな。触られると、すっげ気持ちいいし」 (……うん……。でも、そろそろ俺の方が限界。これ以上やってると、違うとこ、触りたくなってくるよ) 尻の割れ目からもっと奥とか、太もものとこでごろごろしてる君のペニスとか。 どうしても触れてみたくなる。でもそれはきっと、祥悟の望むことじゃない。 「……さてと。身体ざっと洗って出ようか」 「へ‍? ……もう、終わりかよ‍?」 「うん。君は女の子じゃないからね。これ以上は教えられない」 智也はそう言って、シャワーノズルを壁から外すと、祥悟の身体を流してやってから、自分も素早く泡を洗い流した。 「先に出るよ」 言い残して、祥悟に背を向け、湯船から出ようとすると、ぽすんと祥悟が後ろから抱きついてきた。 「……っ」 「ありがとな、智也」 (……うわぁ……) 背中に抱きつかれて、そんなこと言われるなんて……予想外のオプションだ。 もう、なんなのだろう。この可愛い生き物は。そんなことされたら、止めたくなくなるじゃないか。 「どういたしまして」 智也は振り向きたいのを我慢してそう言うと、祥悟を残して浴室から出た。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!