5 / 422

ラブラブフィーバー【3】

触れなくても立ち上がりつつある胸の先端の小さな粒を、見せつけるように舌を伸ばしてコロコロと転がす。 ただそれだけの事で、勇輝の白い体は面白いように跳ねた。 舌先で弄ぶ左側はそのままに、反対の粒をギュッと摘まみ、強く押し潰す。 「んっ...ふっ...ぁ......」 自然に力が入るのか勇輝の腹がキュンと凹み、腹筋が綺麗に浮かび上がる。 「気持ちいい?」 チュウと吸い、ぷっくりと膨らんだそこを強く噛む。 一瞬辛そうに顔がしかめられるが、決して俺を突き離そうとはしない。 それどころか、もっとして欲しいとでも言うように胸を突き出しながら見悶える様に、普段意識しない俺の中の嗜虐心がひどく刺激される。 表情を窺いつつ、合わせる前歯に更にじわりと力を込めた。 「ああっ...い、たい......」 「痛いだけ? 嘘は良くないなぁ、勇輝くん」 歯の力を弛め、今度はそれを舌全体で包み込むようにしてネットリと舐める。 しばらく舐めて、そしてまたそこを強く噛み、また力を抜いて丁寧に舐めてやり... 何度も何度もそれを繰り返す。 「んぁぁ...そん、な...乳首ばっかり...舐めんなぁ...」 ピクリピクリと腰が小さく揺れている。 パジャマの上からでもわかるほど、そこは大きく膨らんでいた。 乳首への刺激は止めないまま、布の上からその膨らみを柔く握る。 宥めるてのか煽ってるのかわからない程度の力でその手をそっと動かすと、勇輝の体は更に大きく跳ねた。 必死に腰を上げ、俺の手のひらに昂りを押し付けようともがく。 別にその腕を押さえつけてるわけでも拘束してるわけでもない。 自分でソコを慰めようと思えばできるのに、ただ無我夢中で俺の手を追ってくる。 俺に全部良くして欲しい? 勝手に一人だけで気持ち良くなるなんて、嫌なんだよな? ああ、もう...なんでコイツはこんなに可愛いかなぁ。 自由になるのに行き場を探して戸惑っているような右手の動きすら愛しくて仕方ない。 「どうして欲しいのか、ちゃんと言ってみ? 勇輝の事、ばっちり気持ちよくしてやるから」 行き場の無い右手を掴み、俺の下着の中へと導いてやる。 ソコが勇輝のペニスに負けないくらいガチガチになっている事がよほど嬉しかったんだろうか。 すぐに俺の幹に指を絡ませ、ユルユルと動かし始める。 「俺のはいいから、ほら...勇輝言って。何して欲しい?」 「......パンツ脱がせて」 そっちかい! まあ、確かに緩めのニットのボクサーパンツを穿いているとはいえ、てっぺんを押さえつけてられてるみたいでぼちぼち窮屈なのかもしれない。 望みを言えと言ったのは俺なわけで、ここは本人の意向に従わざるを得ないだろう。 ズボンとパンツを合わせて指をかけると、ゴムが掛からないように注意しながらそっとそれを脱がせてやった。 途端に、ブルンと勢いよく飛び出してくる勇輝のガチガチくん。 俺が触った事で塗り広げてしまったのか、臍の下辺りからペニスの根元までしっとりと濡れている。 「次は?」 勇輝の指も俺の幹から離れ、ズボンとパンツを脱がそうとモゾモゾ動き出した。 それを助けるように体の場所を少しだけずらしてやる。 「舐めたい...」 「それだけ?」 「だから俺のも...舐めて...」 んもう、やっと言ったよ...この無駄に恥ずかしがり屋さんめ。 俺はヨシヨシと頭を撫で勇輝の体を起こす。 代わりに俺がコロンとベッドに横になると、勇輝はブーと赤い唇を尖らせた。 どうやら俺が何を企んでるのか、あっさりとバレたらしい。 まあ、どれだけ怒っても拗ねても、今の勇輝は結局俺の言うこと聞くんだけどね。 「ねぇ…横向きで良くない?」 「だ~め」 「なんでだよ!」 「恥ずかしがりながらも、気持ち良くて腰振るのを我満できなくなる勇輝見るのが好きだから!」 恥ずかしいだけで、全然嫌じゃないんだろ? だって、チンコカチカチどころか、先っちょからカウパー垂れてるもん。 でもまだ恥ずかしさが勝って素直になりきれない勇輝に、ちょっといじわるな助け船を出してやる。 「勇輝...俺の顔の上に跨がれ」 勇輝の大好きな笑顔で命令し、あとは知らないと完全に体を横にする。 「このぉ...プチSめ...」 「仕事中は超絶ドSの勇輝くんには勝てませ~ん。ほらほらぁ、早く早く」 目の前でいい具合に硬くなってるペニスをプルプル振って催促すれば、勇輝はさも『嫌だけど仕方ない』みたいな顔をして俺の方にケツを向けてくる。 俺は先に用意しておいたローションのボトルに手を伸ばし、じっと勇輝のペニスとアナルが目の前に来るのを待った。    
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!