14 / 27

第14話 家族に色々あるのは僕もそう。 4

「ヒカリ」 艶のある重低音の声で呼ばれて僕は我に返った。 きちんとメシが食べられて満足しちゃったみたいな僕は、寝ちゃってたみたい。 僕は思い切り伸びをして、 「あんま寝てなくて、寝ちゃってた。……襲ってくれて良かったんだ。何せ僕は『美しい』から」 「生憎私は未成年を襲うほど飢えてはいない」 スッとかわされた?! この僕が?! 「……同じゲイなのに、僕の誘いにノってこない男。はじめてなんだけど!!」 スゴくプライドがズタズタ!! 「人には好みというものがある。オレサマや高飛車はタイプではない」 今の僕のままじゃぁ、手は出してもらえそうにないかも。 せっかく手短にキモチイイこと出来る男前がいるのに。 ……なら。 「ヒカリ部屋を1つ貸してやる」 「ねぇ……、なぁんで俊だけ『季節』に関する名前じゃないの」 僕はさっき考えてた自分のこと、考えてて気になった。 紅葉は知らん顔で廊下に出たから僕は慌てて、立ち上がり廊下に出た。 出たところで、紅葉にぶつかった。 「なっなに……」 急に抱き締められた。 僕は、なにがなんだかんださっぱり分からなかった。 「先程のヒカリは悪くはない」 雄々しい身体つき……紅葉のペニスはどんなに雄々しいんだろ。 僕は紅葉の背中に腕を回そうとしたときに離された。 「紅葉」 「小雪本人に聞きなさい」 聞きにくいから聞いてんだよ、あんたに。 案内された部屋はこれまた純和風で僕ん家とは全く違う。 「悪いが和装タンスしかない上に和服しか入っていない。だが自由に来て構わない」 「いい、100均とかリサイクルショップで買う」 「金を貯めなさい、二十歳には出てってもらう」 二十歳には確実にネット難民かな……。 「……分かった金は貯める!!でも僕は働いたことないから」 「ヒカリにはこの家でやってもらうことがある、それをするならタダで泊めてやる」 「セックスしか出来ない」 「俊が知りたいと言ったし、知る機会をやる」 俊だけ名前が違う理由を教えてくれんなら、ぜひともやりたい!! 「しょうがないなぁ……やってあげるよ。で、なにやればいいの?」

ともだちにシェアしよう!