22 / 27

第22話 僕は聞いてほしかった。 3

僕は、夜道を歩いてコンビニ前に来た。 ……けど、素通りした。 夢を見てから、現実に戻りたくなくなった。 現実なんて良いことは、セックスしかないんだ。 さっき勃起ったのも、オナニーで簡単に処理して終らせた。 「月曜日に『捨てられる』のは……仕方がないことだよね」 本当は……僕は『美しい』なんてウソで、『醜い』んだよ。 鏡に映る姿は『美しい』、けど……結局は人間は中身。 僕の中身はとても『醜い』、認めたくななかっただけ。 それを見抜かれて、月曜日早朝には粗大ゴミだと『捨てられる』。 生きてるのが辛いんだ。 だからって死ぬ勇気すら僕にはなくて。 ……だからこのまま『失踪』してしまおうと思った。 春海さんに言えていたら……少しは軽くなったかな。 「オッサンは……スゴいな」 小学生の僕を招いて、セックスして……僕を夢中にしてから、罪の意識に苛まれ自殺。 自分自身の過ちに気付いて、自ら手を下すなんて僕には真似出来ないよ。 「最後の相手が、あんなムカつく男なのが……僕の未練だ」 でももうこれ以上『醜くなりたくない』。 ふと目の前に今朝紅葉に『拾われた』ゴミ置き場があって、粗大ゴミはそのまままだ回収されていなかった。 「お前ら、ゴミなのにまだ回収されてないの?」 電信柱下のゴミ置き場は『アカリ』に照らされて、何故か『ヒカリ』の最後には最適な気がして……僕はまた早朝のように、ソファーに寝転がった。 「やっぱり、ラブホのベッドよりキモチイイよ」 僕は静かに……目を閉じた。

ともだちにシェアしよう!