23 / 27

第23話 僕は聞いてほしかった。 4

「勿体ないな」 また……声がした、上から。 腰に響く重低音のキモチイイ声。 「悪いけど、ここにあるのは全部『醜い』粗大ゴミだから拾わないで」 「なら私もその粗大ゴミの一員になろう」 バフッとソファーに座った感触が足元にあった。 「……紅葉は、僕が好きだよね。見た目が『美しいから』」 「そうだ」 本当は紅葉も僕を犯したい男と一緒だって何となく気が付いてた。 ……目が、その『伊達眼鏡』で隠した目が飢えているのが分かってた。 いくら低血圧な紅葉だといっても、僕には分かる『今まで見上げてきた男と同じ目だった』から。 「あの家から離れたいか」 「……辛いんだよ、優しくされるのが」 僕は目を閉じたまま話した。 引かれて……『捨てられる』瞬間をみるのが怖かったから。 「……僕の初恋と処女を奪われたのは小学三年、近所のオッサン。僕の家は厳しくて逆らうと殴られた、優しくされたことがないんだ」 「……」 「優しくしてくれるのは近所のそのオッサン。僕は見た目だけ小さい頃から『美しかった』、だからオッサンも僕に溺れたし夢中だった。……僕も優しいオッサンが大好きで、セックスが大好き」 「……」 「ある日学校から家に帰ってからオッサンのアパートに行った……またセックスして欲しい、キモチイイ思いを僕の身体に焼き付けてほしかった」 でも……でも。 「オッサンが首を釣ろうとしてた」 そう、僕は死んでいるオッサンを見つけた訳じゃなくて、『オッサンは僕を一目見てから死のうとしていたから、まだ生きていた』。 「『ヒカリを見てから死のうと待ってた』って」 オッサンは最後に見たのは僕だったんだ。 遺書なんて最初からなくて、言葉で言ってくれた。 「僕はオッサンを見殺しにした……大好きだったのに」 僕とオッサンがしていたことはいけないことだと知ったら怖くて!! 「……っ自殺なんて止められたかもしれないのに……」 だから優しくなんてされたくない、キツくていい。 ……反動で父親の暴力ににまで勃起つようになった、『キモチワルイ僕の身体』。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

俺が好きなんだろ、素直になれよ
97リアクション
13話 / 11,262文字 / 60
2017/2/2 更新
連載中
sky colors
魔法世界に魔力持ちの猫転生したシュンが理想の使い魔生活を目指す、ほのぼのゆるい日常。
93リアクション
52話 / 114,543文字 / 134
2018/8/13 更新
お人好し年下ゲイ×性悪ノンケ美人 美しいひとに振り回される恋
95リアクション
2話 / 8,597文字 / 486
2018/11/29 更新
連載中
無題
日常的な非日常
1リアクション
3話 / 5,286文字 / 0
6/2 更新
嘘つきと孤独な少年の話。
『好きです、朝比奈先パイ。』の続編です。不定期更新中。ドタバタ学園コメディ☆
5,819リアクション
111話 / 149,191文字 / 555
10/2 更新