23 / 27

第23話 僕は聞いてほしかった。 4

「勿体ないな」 また……声がした、上から。 腰に響く重低音のキモチイイ声。 「悪いけど、ここにあるのは全部『醜い』粗大ゴミだから拾わないで」 「なら私もその粗大ゴミの一員になろう」 バフッとソファーに座った感触が足元にあった。 「……紅葉は、僕が好きだよね。見た目が『美しいから』」 「そうだ」 本当は紅葉も僕を犯したい男と一緒だって何となく気が付いてた。 ……目が、その『伊達眼鏡』で隠した目が飢えているのが分かってた。 いくら低血圧な紅葉だといっても、僕には分かる『今まで見上げてきた男と同じ目だった』から。 「あの家から離れたいか」 「……辛いんだよ、優しくされるのが」 僕は目を閉じたまま話した。 引かれて……『捨てられる』瞬間をみるのが怖かったから。 「……僕の初恋と処女を奪われたのは小学三年、近所のオッサン。僕の家は厳しくて逆らうと殴られた、優しくされたことがないんだ」 「……」 「優しくしてくれるのは近所のそのオッサン。僕は見た目だけ小さい頃から『美しかった』、だからオッサンも僕に溺れたし夢中だった。……僕も優しいオッサンが大好きで、セックスが大好き」 「……」 「ある日学校から家に帰ってからオッサンのアパートに行った……またセックスして欲しい、キモチイイ思いを僕の身体に焼き付けてほしかった」 でも……でも。 「オッサンが首を釣ろうとしてた」 そう、僕は死んでいるオッサンを見つけた訳じゃなくて、『オッサンは僕を一目見てから死のうとしていたから、まだ生きていた』。 「『ヒカリを見てから死のうと待ってた』って」 オッサンは最後に見たのは僕だったんだ。 遺書なんて最初からなくて、言葉で言ってくれた。 「僕はオッサンを見殺しにした……大好きだったのに」 僕とオッサンがしていたことはいけないことだと知ったら怖くて!! 「……っ自殺なんて止められたかもしれないのに……」 だから優しくなんてされたくない、キツくていい。 ……反動で父親の暴力ににまで勃起つようになった、『キモチワルイ僕の身体』。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

イケメンで頭のいい兄と不良の弟の話
5,351リアクション
194話 / 129,778文字 / 675
1/6 更新
幼い頃に盲目となった白い花は、黒き竜に出会い様々な感情を知る。
5話 / 6,625文字 / 60
2018/7/10 更新
美青年α×綺麗な半獣Ω
24リアクション
15話 / 25,283文字 / 18
2019/3/18 更新
最優秀賞 「オメガバース・兄弟・闇BL」BL小説コンテスト
相容れない存在の獣人に恋をした人間の青年。彼は獣人を振り向かせるために…
510リアクション
13話 / 40,694文字 / 208
2019/10/31 更新
恋人に突如ふられた主人公の諦められない話。
1話 / 1,224文字 / 0
2019/9/17 更新
オネエ×陰キャ学生のハピエンものです。
4話 / 10,035文字 / 0
2019/10/5 更新