12 / 60

第12話◇

「オレ、涼が好きだ」 「……蒼紫……」 「今までごめん……覚悟決めたから……もう誤魔化さないから」  そう言い切るが早いか、蒼紫の唇がまた、オレのそれに重なった。  そのまま、舌が、口内を動く。 「う……っん……っ」  ぞくぞくする。  背筋を、震えるような感覚が走る。 「……涼が好きだ」  唇の間で囁いて、そのまままた深く、重なってくる。 「ん、ん……っ……」  ――――……キスシーンとか見かけるたびに。  蒼紫とキスしたら、どんななのかなあ、と、  想像しかけて――――……いつも、途中でやめた。  こんなの、だめだ、と思って。  考えちゃだめだって――――……。  それが。  急に現実になって、しかも、想像しかけたキスなんか、比べ物に、ならない位。 「――――……っ……ふ……」  息、一生懸命吸うけれど。  ――――……ついていけない。 「……あお、し……」  ぎゅ、と蒼紫の腕を掴んだら。 「涼……?」  やっと、少し、離してくれた。  ふ、と上向いた蒼紫は、ふ、と息をついた。 「――――……も、時間だ。もうキスしないから、顔戻して、涼」 「……かお……?」 「本番まであと10分弱だから…息整えて?」 「ほん……ばん……?」  ……ほんばんってなんだっけ。  ……本番…… あ。 「本番? え、10分……?」 「正確にはあと5分ちょっとでここ出ないと」 「……あと5分……」  顔も熱くて息も早くて、何より、いまだオレは、蒼紫の腕の中にいた。  あと5分……さっき30分前だったってことは……  結構長い時間、キス、してたんだ……。  しかも……あんな、キス……。  なんか、クラクラする。 「涼、正気に戻って。そんなエロい顔で、外には出さねーぞ」 「な……っ」  誰のせいなんだ。  ……っなに、エロい顔って。  言われた言葉があんまりで、言葉を失う。 「ほら、顔。 戻せ」  ぶに、と、両頬をつままれて、引っ張られる。 「いたたただだ」 「聞きたいこと、たくさんあるだろうけど、それは後で全部話すから。とにかく――――……顔早く戻して、歌って、早く寮に帰ろうぜ」 「……うん……と、りあえず……離して? 蒼紫……」 「ん」  そこでようやく、そっと手を離して、オレを自分の腕の中から逃がしてくれた。  熱いままの両頬を、両手で挟んで、冷やす。 「……とりあえず…… 歌ってこよっか……」 「おう。………っつか、顔戻せって。そんな顔でテレビなんか死んでもださねーからな」 「……そんな顔ってなんだよ……っ つか、誰のせいだよ……っ」 「……オレだけど、 その顔見ていいのはオレだけ。 二度と、他の誰にも見せんな」 「……」  分かってはいたけど、ほんとにオレ様な……。  マジで、何言ってるか、分かんない。蒼紫のせいじゃんかー! 「もう……っ」  そんな顔ってどんな顔だよっ。もう。  蒼紫に背を向けて、鏡を見るために歩き出した瞬間。  その背後で、急にばちん、という音が響いた。  驚いて振り返ると、蒼紫が両手で両頬を叩いているところ。 「……蒼紫……?」 「ちょっと、自分にも、喝。 お前にキスしたの嬉しくて……すげーにやけそうだから」 「……っていうか、叩くなよ、顔。手形がついた顔のが、テレビ出せないだろ」 「あ、そっか」 「……ばか、蒼紫」  もう。  ……なんかバカな会話してたら、熱が少し引いてきた。 「蒼紫、オレ、顔、戻った?」 「――――……ん、まあ。さっきよりはマシだけど……とりあえず、向かってる内に戻るかな。急ごう」  2人で楽屋を出て、スタジオに向かう。  その途中で、智さんに遭遇。 「あ、よかった、来た来た。今迎えに行こうかと思ってたところだよ」  智さんのホッとしたような笑顔。  蒼紫が、すみません、と言ってる。素直に謝るなんて珍しい。 「って、涼、どうかした?」 「……え……」 「なんかすごくぼーっとした顔してるけど…… 熱でもある?」 「だ、い……じょぶです」  ただ、さっきの出来事が、頭をぐるぐる回ってしまってるけど。  ……さっきのは、全部現実だったんだろうか。  ……夢だったみたいにも思えるけど。  でも、体が浮かぶみたいな、感覚が、全身から消えない。  熱い、舌の感覚が、まだ口の中に、残ってるみたいで。  蒼紫の、真剣な、まなざしが、心の中から、消えない。

ともだちにシェアしよう!