14 / 60

第14話◇

   智さんと別れて、寮に戻る。  門限の22時ギリギリ。  オレ達が通ってるのは、芸能人やスポーツで有名な奴とか、少し特殊な生徒が多く通う高校。もちろん普通の生徒も居るけど、そういう高校だって認識して入ってきている。  一芸での入試が取り入れられてて、芸能活動とか、スポーツ活動での遅刻早退欠席を、かなり優遇してくれる。そういうクラスメート達が多いから、周りも全く気にしない。  その高校の男子寮だから、多分、他の高校の寮に比べたら、かなりルールは緩い。特に時間的なルールはあまりない。一応門限がある位で、それも事前に届け出てれば、文句も言われない。  食堂も、5時から21時半まではオーダーできるし、寮の中はほぼ自由。  スポーツジム的な施設も完備、カラオケルームや、バンドの練習部屋もあって、予約表に名前を書くだけで、空いてれば深夜以外はいつでも使える。  部屋は、個室で、風呂トイレ完備で、快適。  ちなみに、女子寮は、高校を挟んで反対側に建っている。  受付で寮長の斉藤さんに会って、「ただいまかえりました」と挨拶する。お疲れ様、さっきテレビ見たよ~、と言われて、軽く会話をして別れてからは、2人共、無言だった。  オレは、何を話していいか、よく分からなくて。  蒼紫が黙ってるのは……多分、オレが黙ってるから、かな、と思うけど。 「……じゃ――――……あとでね?」  オレの部屋の方が先なので、鍵を開けて、ドアを開いた。蒼紫の部屋はオレの隣、一番廊下奥の部屋。 「ん、待ってる」  言われて、見つめられて。  どき、と胸が弾む。  …………何も言わず部屋に逃げ込んで、鍵を閉めたドアに寄りかかる。  何か。  ヤバい位に好きな気持ちが溢れ出しそうで。    どうしよう。  絶対無理だと思って、絶対内緒にしようって思って、  絶対忘れるって思ってた時だって、  大好きだったのに。  ……好きなんて言われて、  大好きでいていいのかって思ってしまったら。  ……際限なく、好きに、なっちゃいそうで。  でもちょっと待って。  と、自分を落ち着けようとする声が聞こえてくる。  何で蒼紫、急にあんな事言ったんだろ。  ……オレが、初体験済ませたって話をして……。  そしたら、蒼紫、多分、ヤキモチ、妬いて……。  …………その勢い??  ヤキモチ妬くくらいオレの事。好き。ていうのは。知ってるんだけど。  それがイコール、恋愛感情かって。 謎……。  歌を一緒にって言った時だって。  オレは散々無理だって言ったし。  社長だって、最初は、「素人の幼馴染? 無理無理」って言って、話も聞いてくれなかったそうだし。当たり前だ。  なのに、どうしても、涼が良いって蒼紫が言った。  涼が必要な事全部身に着けて、それでも無理だって言うなら諦めるとか社長に言って。しかも、オレ、それ、了承してないのに。  社長に会わされて、ルックスや声はいいけど……歌は? ダンスは? 芸能人としてやってく気、ある?とか、散々聞かれて。  …………無いし。オレ、それまで考えた事も無かったし。    やる気のないオレを、真反対にやる気しかない蒼紫が、めちゃくちゃ社長にプッシュしたおかげで、出来るかも分からないデビューの為に、オレがどんだけ色んなレッスンさせられたか。  ダンスだけは小学校からやってたから、それだけは良かったけど。  ギターは蒼紫に教わって、少し真似して弾ける位。歌はカラオケが好き、程度だったし。  芸能人になるなんて、かけらも想像もした事なかったから、何の心構えもないし。  それでも、蒼紫とずっと居れるかもっていう気持ちだけで、頑張ってレッスンを受けた。蒼紫の事、好きじゃなかったら、絶対やってないし。  かなり動機は不純だけど。……でも、その動機は、何より強くて。  結局、社長も折れて。  認めてくれたんだっけ。   ……だから。  蒼紫が、組む相手を事務所の候補から選ばずに、無理無理オレを引っ張り込む、位は。一緒に居たいって思ってくれてたのは、知ってるんだけど……。    それって、恋愛感情なのかな……。  そこ、確認してから、喜ぶことにしよう。  ぬか喜びは嫌だ。  大体にして、蒼紫は、女の子とめっちゃ噂になってたし。  ……どんだけ女好きなんだと、勝手にムカムカしてた位だし。  ……まあ、これは、蒼紫は別に悪くないんだけど。 「シャワーあびよ……」  へばりつくみたいによりかかってたドアから体を起こして、バスルームに向かう。  服を脱いで、洗濯機に突っ込んでいく。  目に入るのは。  自分の、男の体。  ……男なんだよね、オレ。  蒼紫いいのかな。  オレ、胸無いよ??  鏡に映る自分は、知らない内に、むー、と膨らんでいた。  そのまま、じっと下を見下ろす。  ……ついてるし。  …………さっき、キス、いっぱいしたけど。  正直、キスだけなら、あんまり性別関係なく出来る気がする。  そんな、関係ない。  それ以上ってなると。  …………男女の差って、大きいよー??  蒼紫、いいの?? …………良くないよね??  うーんうーんと、唸ってしまいそうになりながら。洗面台に両手をついて、がっくりうなだれる。  オレは。  もう、ずいぶん前から蒼紫が好きで。  ……自分で触る時とかも。  ダメだと思いながらも、蒼紫に触られる事、想像することもあったし。  ……蒼紫のって、どんなかなあとか。  …………ヤバい事も、山ほど考えてたし。  まあ結局ヤバい想像は、全部途中で恥ずかしくなって終わるんだけど。  でも、とにかく、少しはそういう想像もしてたから。  いまさら、嫌悪なんかあるはずがない。  ……ていうか、嫌悪じゃなくて、もう、憧れ??的な?  ………………て、オレはほんとに何考えてるんだろ。 「だから、シャワーあびなきゃ……」  もうなんかフラフラする。  シャワーを出して、頭洗って、体洗って、顔を洗って……  洗うとこが無くなってくると、蒼紫の所に行くのが近づく気がして。  もう一回頭洗おう……なんて、シャンプーを2回もして、リンスも相当時間を置いた。  無駄な抵抗を延々続けていたけれど、結局洗い終わってしまって。  のそのそとバスルームを出て、ゆっくりゆっくり、体を拭く。    うう。  シャワー時間が、もうすぐ終わっちゃいそう。  どうしよう。  ……もいっかい、浴びようかな……。  なんて考えてた時。  さっき、ズボンから出して、置いておいたスマホが鳴り始めた。  ……蒼紫だ。

ともだちにシェアしよう!