15 / 60

第15話◇

「……もも。……もしもし?」  …………もしもしを、噛むとか。  …………無くないか? オレ。 『涼、まだ?』 「……い、今、シャワー、でたとこ」 『遅い。待てない。早く』 「……髪、乾かしてから、行く」 「5分な」  ぷち、と電話、切れた。  うう。なんかものすごく、蒼紫っぽい。  仕方なく、ドライヤーを引っ張り出して、髪を乾かす。  5分は、多分もう経った。  乾いてしまったので、仕方なく、ドライヤーを切って、コンセントを抜いて片づける。バスタオルまで全部洗濯機につっこんで、明日の朝にセットする。  寝る準備……。  歯磨き……。  歯磨き粉を付けて、長々磨く。  ……磨き終わっちゃった。 「あ、――――……学校の用意しよ……」  明日の朝でも良いのに、ついつい机の前で明日の用意をしていると。  また電話がきてしまう。 「……もし、もし……」 『……涼。迎えに行くけど』 「だ、大丈夫、すぐ、行くから」 『……1分な』  ぷち。切れる。  ……1分、て。  ……もうだめだ。いくしかない。  は、と息をついて。  逃げたい気分に何だか襲われながら。  自分の部屋を出て、鍵を掛ける。  蒼紫の部屋に近づいた時。蒼紫の部屋が開いた。 「――――……迎え行くとこだった」  焦れたような蒼紫の顔。 「すげー待ったけど。シャワー浴びただけ?」 「……歯磨きとドライヤーと……明日の学校の用意は途中だけど……」 「来いよ」  手首を掴まれて。  蒼紫の部屋に連れ込まれる。  鍵を掛けた蒼紫に、ドアに背を押し付けられて、囲われる。 「……焦らしてんの?」 「……っちが、う」  プルプルプル。 「何だよ、学校の用意って。すげえ待ってたのに」  言いながら、蒼紫の整った顔が、めちゃくちゃ近づいてくる。  焦って何か言う間もなく、唇が重なった。 「……っんっ」  深く重なって。  舌が触れてくる。 「あお――――……っ」  呼びかけた名前、塞がれて、キスされる。  唇が少し離れて、はぁと息をついたら。頬にちゅ、とキスされた。 「涼、好き、だ」 「――――……」  なんか……部屋で色々考えてたけど――――……。  これは――――…… ほんとに……。  ほんとに、オレの事――――……好き、なの、かな……。 「涼がオレを好きなのって――――……本当?」 「……」  なんとなんと、オレが聞かれてしまった。 「オレは、本当だよ」  咄嗟に、そう言ったら。  蒼紫がちょっと眉を顰めて。 「何、オレはって」 「あ」  ……つい。言ってしまった。  ……だって。蒼紫は。 「――――……だって、蒼紫、女の子、いっぱい付き合ってたじゃん」 「お前より可愛いって思えないって分かったら、別れてたから。だから、人数は多かったかもしんねえけど」 「……」 「――――……言っとくけど、そんな手ぇ出してねえよ? キス位は、してって言われればしてたけど」 「え」  思い切り、びっくりした顔で見上げると。 「えって?」 「――――……全員、してんのかと思ってた」  めちゃくちゃ嫌そうな顔で、蒼紫がオレを見下ろす。 「お前、オレの事なんだと思ってんの」 「――――…何って……エロい……?」 「……お前、ほんとにオレの事、好き?」  嫌そうに聞いてくる蒼紫に。 「…………好き」  自分でもちょっと首を傾げながら、そう言ってしまう。  いや、好きなんだけど……。  ……だって。  …………ずっとそうだと思ってきたし。  蒼紫だって、そういう風なノリで、皆としゃべってたじゃん……。  むー、と蒼紫を見上げると。  ちょっとちゃんと話そう、と言って手を引かれて。  ローテーブルの所で座って、水を渡される。

ともだちにシェアしよう!