21 / 60

第21話◇

 2時間目との間の休みは、5分休憩。トイレと水飲みしかない。  トイレ行ってこよ……。  立ち上がって、トイレに行き、トイレを済ませてから、手を洗いながら鏡を覗き込む。  なんかオレ。ほんと、ぼーっとしてるなー。  だめだ、こんなんじゃ。  ぎゅ、と目をつむって、ぱち、と開けると。 「何してんの」  すぐ後ろに蒼紫が来ていた。 「わ」  驚いて振り返ると。 「お前、授業聞いてなかっただろ」 「……あ。ばれ、た?」 「なんか、眉間にしわ寄せて、うんうん考えてるのが見えた」  くす、と笑われる。 「何考えてた?」 「……」  トイレの中に誰も居ない事を確認して。 「蒼紫、オレ、のこと……いつから………?」 「――――……そんなこと、考えて、あんな顔してたのか?」  ぷ、と笑われてしまう。 「それだけじゃないけど……」  困ってそう言うと。  蒼紫は、ふ、と笑って、オレを見下ろした。 「会った時から」 「え?」 「幼稚園で初めて会った時から。入園式だな」 「――――……おぼえ、てるの?」 「覚えてる。 他の事は、ほとんど覚えてねーけど。最初、女の子だと思って、可愛くてびっくりしてたら。――――……男で、びっくりした」 「――――……」 「2回びっくりしたからさ。 すっげえ覚えてんの」  クスクス笑う蒼紫。 「それって、でも、その時から……じゃないよね?」  男でびっくりしてるじゃん……。 「その時からだよ。その時から、全部可愛いって思い続けてるから」 「――――……」 「まあ……お前は女の子が好きだと思ってたから、オレもそうしようと、思ってたけど…… でもオレ、ずっと、一番好きだったのは、幼稚園から、お前だよ」  そんな風に囁かれて。固まってしまう。  その時。チャイムが鳴った。  5分休憩は予鈴はないので、これが本鈴。 「やべ。戻ろ、涼」 「う、ん」  トイレのドアを開けた蒼紫について、教室まで急ぐ。  オレ。  幼稚園の途中からしか覚えてないし。  恋愛としては、小5かなあって、思って。  それでも引かれるかなとか、思ってたら。  幼稚園の入園式、って。  ――――……なんかもう。  ……蒼紫って。なんだかな……。  ――――……もっと早く好きだつて、言えば良かった、なあ。  そしたから、もしかしたら、ずっと、そういう意味で、一緒に居られたかもしれない。  けど。  ……でも、オレ達。  女の子とも付き合おうとして。  付き合ってみたりも、して。  それでも……お互い、好きだって思えたから、  良かったのかも、知れない、けど。    でもなー……。  蒼紫と、「飽きるまで」してた女の子が居るっていうのがなー。  ……良いなー。とか思って。  ……いや、違うだろ。良いな、じゃないよね。  …………ていうか。  オレが、これから、蒼紫と。  飽きるまで、するのかな。  …………いや、飽きるまでって。  飽きるのはやだな。  いやいや。  ……まだ何もしてないのに、飽きるも何も……。  …………ってオレ、また授業聞いてないし。  やば。  と思って、上向くと。  蒼紫が、オレを見てる事に気付く。  ぷ、と笑われて。 指先で、前向け、と言われる。  うんうん、と頷いて、シャーペンを持ち直して。  そこから、頑張って、授業を聞こうと、してはみた。  かろうじて。聞いた、かな。  ……聞くだけは。うん。 

ともだちにシェアしよう!