29 / 60

第29話◇

 お弁当、食べ終わって、一緒に片づける。  片づけ終わって時計を見ると、20時半。今日は早い。 「涼、何かやる事あるか?」 「んー……無いかな」 「じゃあ、寝る準備して、明日の用意もしてから来いよ」 「――――……今日もここで、寝ていいの?」  思わずそう聞いたら、蒼紫は、じっとオレを見つめた。 「ずっとここで寝てくんないの?」  う。わー……。  なに、それ。  超すごい、キュンが胸を突きさした……。  ドッドッと、心臓が、早くなる。 「涼?」 「準備、してくるね?」 「ん、待ってる」  蒼紫が頷くので、そのまま蒼紫の部屋を出て、自分の部屋に戻った。  鍵を開けて中に入って、入った所でしゃがみこんだ。  うわー。うわー。うわー  なんか。もう。  蒼紫って。どんだけ……。  どんだけ、好きにさせてくれるんだろう。  どうしたらいいんだろ。もう。  ああ。もう。  ――――……好きすぎる……。  長い長い初恋が。  絶対叶わないと思ってた、初恋が。  相手も幼稚園の入園式からの初恋だったとか言ってくれて。     叶ってしまうとか。  もう奇跡……。    もうどうしていいか、よく分かんない位好きで。  どうしよう。  ちょっと落ち着こうと思うんだけど。  ――――……全然落ち着ける気がしない。  とりあえず。  明日の用意……。  明日の仕事って何だっけ……。  スマホで、智さんからの予定を確認。  朝は学校。明日も5時間までは居られるんだ。2日続けて昼過ぎまで居られるのは、珍しい。  その後はダンスと歌のレッスンとかぁ。あとオレはギターのレッスン。  蒼紫はギターのレッスンをする必要がないから、オレだけ。一緒に来て、一緒に弾いてくれる時もあるけど、先生に色々指導されるのは、オレだけ。  蒼紫と一緒に弾いて歌う曲もあるから仕方ない。すごい一生懸命練習してるけど、やっぱり経験値が全然違う。蒼紫はミスしないけど、オレはたまにミスるし。  そこらへんは、まだまだ大変。  出遅れがまだ全然取り戻せてない。    とりあえず明日はレッスンの日かぁ。頑張ろ。  学校の用意だけ済ませて、歯を磨く。  冷蔵庫から水のペットボトルとスマホだけ持って、自分の部屋に鍵を閉めて蒼紫の部屋に戻った。 「おかえり、涼」 「ん。明日はレッスンの日なんだね」 「あぁ、そうみたいだな」 「緊張しなくていいけど」 「ん」  クス、と笑われる。  もちろん大分慣れてはきたけど、やっぱりまだテレビ番組とかは緊張はし続けてる。  蒼紫は、緊張しないんだよな、どうしてだろ。  ほんと、大物になりそう……。 「もう寝る準備までできた?」 「うん。歯も磨いてきたよ。あと寝るだけ」 「そっか」  机の所で教科書を揃えていた蒼紫が、それを全部鞄に入れた。 「オレも終わり」 「ん」 「まださすがに寝るの早いけど――――……何したい? 涼」 「え。何したい……」  何したいって。特に考えてなかったけど――――……。 「何でもいいの?」 「いいよ」 「じゃあ、何か映画一緒に見たい」 「いいよ。何が見たい?」 「何か面白そうなの配信されてる?」 「どうだろ……」  蒼紫がテレビのスイッチを入れて、配信サービスのトップ画面を開く。 「何かあるか?」 「――――……あ。 歩生が出てる映画、新着になってる」 「あぁ。ほんとだ」  |羽柴 歩生《はしば あゆむ》は、同じクラスの役者の子。  まだ主演じゃないけど、最近、主演の友達とか、相手役とか、出番が多くなってきてる気がする。 「これにする?」  蒼紫が振り返るので、うん、と頷いた。 「そういえば歩生も最近忙しいから学校で会わないな」  再生ボタンを押してからそんな風に言って、オレが座ってるベッドに歩いてきて、隣に座った。でもすぐに。オレの背後に回って座り直した。 「涼、足の間にはまって」 「え?」  なにその恥ずかしい要求。  かあっと赤くなる。と。 「こっち」  ウエスト掴まれて引き寄せられて、蒼紫の前に座らされる。  蒼紫の手が前に回って、ウエストを抱き締めた。 「――――……すごい、くっついてる感じ」 「うん。いいだろ?」 「……いいけど。恥ずかしいかも。ものすごく」  言うと、蒼紫はクスクス笑って。 「――――……オレはこれ、幸せすぎ」  そんな風に言われて、むぎゅーと抱き締められて。  何だかもう何も言葉が出てこない。  映画が始まって、歩生が出てくる。  恋愛映画の主人公の幼馴染の役。ヒロインとの三角関係。 「――――……三角関係、辛いねー」  ぽそ、と感想を言うと、「ん」と蒼紫が頷いてる。 「しかも幼馴染と取り合うとか。大変……」 「――――……ん。そうだな」  幼馴染と、1人の子を取り合う、か。  ――――……オレの初体験の子……。  オレも蒼紫も本気になってたりしたら、こんな風になってたのかなあ。  あーでも。オレ、そこまで本気になれても無かったし。蒼紫は……どの程度の気持ちだったんだろう。  オレより好きになれる子探すつもりで、女の子に会ってた、て言ってたから。少しはそんな可能性もあった、のかなあ……。  うーん。でもなあ……オレがもし蒼紫とそんな事になりそうだったら、即身を引くから、こんな風には絶対ならないよなあ。ていうか、オレが蒼紫を大好き前提で考えても、映画とは違うよね。うん。  何考えてンだろ、オレ……。  自分に突っ込みを入れていた時。 「今のシーン、無くねえ? いくらライバルっつったって、幼馴染が大事だったら今のは絶対ねえよな?」  「え?」  急に言われて、ぱ、と蒼紫を振り返った。  蒼紫はきょとん、として。 ぷ、と笑った。 「お前、全然見てないだろ」 「あ。ごめん。――――……ちょっと別のこと、考えてた」 「……今見なくてもいいか? これ」 「あ、うん……」  蒼紫は立ち上がって、リモコンでテレビを消して、戻ってくる。 「ごめん、オレが見たいって言ったのに」 「別に。全然いいよ」 「? あお――――……」  側に来た蒼紫がすごい至近距離になって、次の瞬間、ベッドに押し倒されていた。 「――――……」  オレの顔の横に蒼紫の手がついて、真上からまっすぐ見つめられる。 「映画より、涼とキスしたいなーて思ってたから」 「……っ」 「いい?」  ふ、と瞳が細められて。唇が笑みを形作る。  そんなに優しく、見つめられて。  頷く以外、出来る訳、無い。  頷いた瞬間、また蒼紫がもっと優しく笑って。  ゆっくり顔が近づいてきて。  ゆっくり、唇が、重なる。  触れるだけ、なのに。  胸が半端なく、ドキドキいってる。 「手。首に回して……?」     そんな風に言われて。そろそろと、首に巻き付ける。  ――――……なんか。すごく、密着してるみたいになって。  余計心臓の音が大きくなった時。  舌がゆっくり、絡んできた。  

ともだちにシェアしよう!