30 / 60

第30話◇

 唇が塞がれて、舌が絡む。 「――――……ん……っ」  どうしてたらいいのか。  分からない。  首に手を回して抱き付いたら、蒼紫に密着してしまって。  めちゃくちゃ、キスされている。 「んん、あお、し――――……」 「……ん?」 「……息……くるし……」  ふは、と息をつぎながら、蒼紫に言うと。  蒼紫は、くす、と笑った。 「……嫌なの?」 「――――……や、じゃない」 「じゃあ続けていい?」 「……オレが酸欠で倒れたら、どーすんの……?」  言ったら、蒼紫が、クスクス笑いながら、すり、と額を合わせてきた。 「……どーしような」  超至近距離で見つめられる。  ああ。もうドキドキする。  好きすぎて。 「蒼紫……」    ぎゅうう、と抱き付いてしまう。 「ん? なに、涼……」  笑いで揺れる、蒼紫の体が、密着してる事が嬉しくて。 「蒼紫ー……」 「うん……?」 「――――……大好き、だよー?……」  むぎゅむぎゅと、抱き付いて。何だか感極まって、そう言ったら。  また唇が触れた。 「……ああもう――――……可愛いな、涼」 「んぁ……」  あ、なんか、変な声、出ちゃった。  蒼紫が変な風に唇重ねるから。 「は。可愛い、今の声。もっかい出して」 「……っむ、むり。ん、んっ……」  んーー、とか蒼紫が言いながら、舌が入ってくる。 「……っん…」  深く重なって、舌が奪われてしまう。 「……あおし、オレ――――……」 「……ん?」 「あお、し、てば……」  は、と息をついて。蒼紫を見上げる。  なんか視界がぼやける。蒼紫の顔が、滲んでる。 「……泣いてる」  くす、と笑う蒼紫が、オレの目尻をぐい、と拭う。  拭われて、視界がはっきりすると、蒼紫が、クスクス笑いながらオレを見つめていた。 「涼、可愛い……」  また唇を塞がれそうになって、蒼紫を一回止めた。  思わず、手で、蒼紫の口に当てたら。  ぷ、と蒼紫が笑う。 「邪魔、手……」  笑んだ蒼紫に、手を掴まれてしまった。   「蒼紫、オレね……」 「んー……?」 「……っひゃ!」  掴まれた手に、ちゅ、とキスされて、変な声が上がった。  話しかけた言葉も消え去って、びっくりして、蒼紫をマジマジと見つめてしまう。 「……あーもう……変な声だしても可愛いって、何」  そんな訳の分からない事を言う蒼紫に、べろ、と指を舐められて。 「ひゃっ……やだやだ、くすぐった……っ」  手首掴んでる手が強くて。外せない。 「わわ、やだって、ば、蒼紫っ――――……」  手の平に、ちゅちゅ、とキスされて。  キスしながら、「んー……?」とか、返事しながら、オレを見上げてくる。  何なの、ヤバいから、そんな事しながら、  見つめてこないでよ、もう……っっ。

ともだちにシェアしよう!