35 / 60

第35話◇

「大丈夫だよ、涼」 「……?」 「オレ、お前と居られる環境は、無くしたくないから」 「――――……」 「ちゃんと外では気を付ける」 「……うん。お願いします」  そう言ったら、蒼紫は、何それ、と笑う。 「だって、手加減なしで好き好き言われると、オレ……」 「うん」 「……すごい嬉しいから、隠せない」 「――――……つか、そっか。嬉しいのか」  クスクス笑う、蒼紫。 「なあ、涼?」 「……ん?」 「……人が居るとこでは、なるべく今まで通り過ごすけど。にやけてたら、言って」 「――――……言ってって? 蒼紫、にやけてるよって?」 「……言えないか」 「言えないよね……」  2人で、クスクス笑いあってしまう。 「じゃあ合図、決めよう」 「合図―?? にやけてるって、教える合図??」 「そう」  うーん……? 「目くばせするとかは?」  オレが言うと、蒼紫は、マジマジとオレを見つめて。 「涼バカなの?」  と言う。  何それ、失礼な、と思ったら。 「お前見てにやけてんのに、見つめ合ったら、もっとそうなるって」 「――――……」  言葉を失う。 「……わ、かった。じゃあまた別の……」  視線を蒼紫から外しながら辛うじて言うと、蒼紫はクッと笑い出してオレの顔に触れて、まっすぐ見つめ合わせる。  もともと横になったまま向かい合ってて、ただでさえ触れそうに近くに居るのに。 「……ほんと照れるなーお前……」  笑う蒼紫に、ちゅ、とキスされる。 「もう蒼紫、考えてよ、合図。大事だから」  そう言うと、蒼紫は、ぷ、と笑って。 「ああ。んー。何にしよか……あ。じゃあ」 「ん?」 「涼が、指で、ほっぺをちょっと掻く、とかは?」  指でほっぺを掻く、か。  試しに人差し指で、ぽりぽり掻いてみる。 「……こんな微妙なので、気づく??」 「気づくと思う」 「そうかなあ?」 「だってオレがお前を見てにやけてる時ってことだろ。絶対気づくよ」 「じゃあ、それでいい?」 「ん、決まり。お前がそれやったら、オレ、最大限に顔引き締めるから」  何だか嬉しそうに言ってる蒼紫に。  我慢しようと思ったんだけど、しきれなくて、プッと笑ってしまった。 「……まじめにオレ達、何決めてるんだろ」  クスクス笑ってると。  ふ、と笑んでる蒼紫と瞳が合って、にこ、と笑ったら。  蒼紫が不意にオレをぎゅ、と抱き締めた。 「蒼紫……?」  少しだけ腕から出て、蒼紫の顔を見上げると。 「オレ――――……涼が、オレのとこで笑ってれば、それだけでもう、いいなー……」 「――――……」  突然耳に飛び込んできた、甘い声で囁かれる、言葉。  一気に、顔に熱が再集結。 「――――……っ」  恥ずかしすぎだし。  でもなんか、嬉しすぎるし。何も、返せない。  頬に触れられて、見つめてる間に、唇が、触れた。

ともだちにシェアしよう!