39 / 60

第39話◇

 優しいキスが終わると、すっぽり抱きしめられた。   「明日は5時間目まで学校で、その後はレッスンだよな」 「ん、そう。ダンスと歌は蒼紫と一緒で…… オレ、ギターもある」 「曲作りしながら、待ってるから。頑張れよ?」 「うん」  頷きながら、何となく眠くなってきて、瞳を伏せる。 「そういえば……週末は、なんか地方に行くって言ってたよね……」 「ああ、なんか泊りでって言ってたな……」 「何の仕事なんだっけ……」  のんびり聞いてると、蒼紫がオレの頭をナデナデしながら、クスクス笑う。 「眠い?」 「……うん、少し」 「寝ような。……多分、週末はロケだって言ってたと思うけど。珍しいよな」 「明日智さんにちゃんと聞かないとだね……」 「そうだな」  言いながら、蒼紫がオレの頭をひたすらナデナデしている。 「……仕事より、涼と泊っていうのがいいなー」 「うん……そだね」 「同じ部屋にしてもらお」  そんな風に言う蒼紫に。  オレは、ぱち、と目を開けて、見上げた。 「今まで、絶対別の部屋って言ってたじゃん……」 「え。――――……って、そりゃそうだろ」 「……?」 「告白もしない状態で、同じ部屋で我慢なんて、拷問に近いだろ」 「――――……」  理解すると同時に一気に顔が熱くなる。  ……つかもう。  恥ずかしいな、蒼紫ってば。  ――――……ていうか。そう言う事だったのかぁ……。  ……オレは、その「絶対別の部屋」ていうのに。  少なからず、傷ついていたんだけど。  まさか、そんな事だったとは……。 「……オレ、寂しかったんだけど」 「え?」 「絶対別の部屋がいいって、言われて」 「――――……」  蒼紫がオレを、覗き込んで、ちょっと困った顔をしている。 「オレと同じ部屋、嫌なんだって思って」 「あー……ごめんな?……」 「………………」 「……涼?」  心配そうに見つめてくる蒼紫に。  ぷ、と笑ってしまう。 「……そんな事だったんだーって……笑っちゃうね」  そう言ったら。  蒼紫はオレを抱き締めて、ぎゅううう、と包む。 「……これからは、もう寂しいとか思わせないから」 「――――……」 「……それでももし思ったら即言って。気づいてないだけだから。涼に寂しいとか、絶対思わせたくないって、オレ、思ってるからな?」  じっと見つめられて。そんな風に言われると。 「……ありがと、蒼紫」 「――――……」 「……オレ、すっごい嬉しい、みたい」 「――――……今まで色々あったよな。ごめんな」 「……オレにだって色々あったでしょ?」  そう言ったら、ちゅ、とキスされて。 「今こうしてられるし……これからずっとこうしてるから」  そんな風に、言われる。  蒼紫が好きって言ってから。オレが好きって、応えてから。  ――――……蒼紫の言葉は、ずっと、まっすぐで。  未来に何の不安も持たないで、ずっと蒼紫だけ見てられるような気すら、してしまう。  ……なんだかなあ、もう……。 「オレ、蒼紫のこと、好きすぎなんだけど」 「――――……はは。いいな、それ」 「……好きすぎると、困る」 「何で? 困るなよ」 「……こんな好きだと、困るよ」 「何で困んの?」 「……胸が、痛い」  言うと、ははっと笑って。  蒼紫がオレをまっすぐに見つめる。 「痛いとかじゃなくて、幸せだなーって、思ってろよ」  すぽ、とまた抱き込まれて、よしよしと優しく撫でられる。 「あー……。さっきから寝ようって言って全然寝てねーな……」 「――――……うん」  2人で、クスクス笑ってしまう。 「……寝ていーよ、涼」 「……うん。また明日ね、蒼紫……」 「ん……」    髪を撫でる手に眠気を誘われて。  すぐ、眠ってしまった。  

ともだちにシェアしよう!