44 / 60

第44話◇

「涼、こっち!」  声がかかって、そっちにパスを送る。  そいつが、シュート。綺麗に決めてくれたそいつと、手を合わせる。  オレはバスケは断然攻める方が得意。  背、そんな高くないから、ゴール下で守ってもあんまり意味がないし。  すばしっこいから、ボールもって切り込んでって、最後、シュートの得意な奴にパスして、決めてもらう。  蒼紫と同じチームなら、絶対蒼紫にパスするんだけど。  蒼紫とペア組むと、気持ち良いんだよなあ、絶対決めてくれるから。  中学の時も、大好きだった、蒼紫とバスケすんの。  懐かしいなあ。今日も同じチームが良かったなあ。  なんて思っていたら。 「ナイス、涼!」  蒼紫の前を通る時、蒼紫の声。振り返ると、ふ、と笑んでくれる。  別チームで、蒼紫をずっと見てられるのも、蒼紫がオレを応援してくれるのもいいなあ、なんて、つい今さっきとまったく違う事を考えるオレ。  ……ていうか、何でも良いんだな、蒼紫と絡めれば。  自分にちょっと笑ってしまいながら、ゲーム頑張って、汗を手の甲で拭いながらコートを出たら。  ぽふ、と頭に何かが乗って。  そっちを見ると、蒼紫の笑顔。 「頑張ったな」  頭に乗ったのは、蒼紫のタオル。 「3ポイント、見てろよな」  全国の蒼紫ファンが見たら、悶絶するだろうなというような強気の笑顔で言って。  ……ていうか、心の中のオレを悶絶させて。  蒼紫はコートの中に、走って行った。  ちょっと浸りたかったから、クラスメートと、変にならない位、少しだけ離れて、体育館の隅に座る。蒼紫のタオル、くる、と首に巻いて。  ――――……蒼紫の好きな、コロンの匂い。  最近、めちゃくちゃ近くでかいでるから。  なんか。  変な気分になりそう。  ていうか。普通。  タオルなんて、貸さないし、借りないよね。  普通、人の汗とか。やだもんね。  ――――……って。蒼紫のなら、死ぬほど嬉しくて。  蒼紫の匂い。ちょっとかぎながら。変な気分になりそうとか。  オレ、変態かーーー。わーん。  なんでだかもう、さっきの、カッコ良すぎる笑顔を思い出しながら、タオルにくるまっていたら、もう、心臓がバクバクしてくるし。  はー。もう。むり。  と思いながら、始まったゲームを、ちゃんと見始めたその時。  オレの目の前の、スリーポイントのラインで。  蒼紫がジャンプして。綺麗にボールを、手から飛ばした。  綺麗な弧を描いたボールが、すとん、と、ゴールに吸い込まれて。  女子が隣から、きゃーーー、と悲鳴。  う、わー。  着地した蒼紫が、ゴールを見届けると。  すぐに、オレを見て。ニヤ、と笑った。  つか。  ――――……カッコ良すぎるんだけど。  なんなの、蒼紫。  オレを悶絶させすぎて、どーするつもりなの。  ていうか、オレ、今、平然として見せてるけど、もう、ゴロゴロ転がりたい気分だからね。  なんなんだよぅ、もう。  ドキドキが激しいし、顔は熱いし。  蒼紫の匂いがするし。  もーだめだ。  

ともだちにシェアしよう!