46 / 60

第46話◇

「蒼紫」 「ん?」 「……超カッコよかった」  こそ、と蒼紫にだけ聞こえるように言うと。  すごく嬉しそうに、蒼紫が笑う。 「オレ、お前にカッコいいって思われたくて、生きてるよーな気がするから。もっと言って」  冗談めかしてるけど、なんだか瞳は本気な気がする。 「何それ」  クスクス笑ってしまう。 「そうなの?」 「そうだけど?」  蒼紫はタオルを頭にかけて、口元拭きながら。 「――――……オレら、アイドルで売った訳じゃねーのに、アイドルみたいな事、させられただろ?」 「うん」 「オレ、最初、すげー嫌だったわけ」 「……あれ? そうなんだっけ?」  最初から、カッコいい蒼紫、ノリノリで演じてたような。 「――――……すげー嫌だと思ってたらさ」 「うん?」 「涼が言ったんだけど……」 「うん……??」 「蒼紫が超カッコイイから、皆、カッコいいとこ見たいんだよね、って。オレ、カッコいい?て涼に聞いたらさ、誰よりも一番カッコいいよって」 「――――……」 「涼がそう言ったから――――……じゃあ涼に、カッコいいオレを見せようって……」 「――――……」 「あー。覚えてない、か?」 「――――……」  覚えてる。ていうか、思い出した。  ――――……それ。最初の言葉は、智さんが、蒼紫に言ってって。頼まれたんだ。  そうだ、なんか、歌よりも顔をメインにしてるみたいな、アイドル路線の仕事を、蒼紫がちょっと嫌がってる、みたいな事、智さんが言って。  涼がカッコイイって言えば、きっと、蒼紫は頑張るからとか言われて。  蒼紫にカッコいいって言うとか、オレ、ちょっとものすごく恥ずかしいんだけど、って思ったし、オレのカッコいいを蒼紫が喜ぶとか、思えなくて。  でも智さんが、多分効くから、って言って。  蒼紫にカッコいいかって聞かれて、誰よりカッコいいって言ったのはオレの言葉だけど。 「覚えてる?」 「うん。……言ったの、覚えてる」  ちゃんと、効いてたのか、とびっくり。  ――――……智さんて。  あの頃から……薄々、何か、思ってるのかな…………?  あ、でも智さんは、蒼紫の女癖も知ってるから、そっちが蒼紫だと思ってる、かな??  智さんってすごく気が利いて、優しくて、マネージャーさんとしては、ほんとに、最高な人、なんだけど……。 「……蒼紫は、オレがカッコイイって言ったから、アイドルみたいな感じ、頑張ってくれたの?」  そう聞いたら。  そう、と、笑う蒼紫。 「お前があれ言ってなかったら、多分、社長に文句言いに行ってた」 「――――……」  そうだったんだ。  ――――……智さん。  さすが。  でもって。  蒼紫。……結構、単純だったのか。  そんなに、オレの「カッコいい」が嬉しいとか。ちょっと可愛い……。  ……もう、今更だけど、嬉しいな。    あとで、オレからキス。  …………いっぱいさせてもらおう。

ともだちにシェアしよう!