48 / 60

第48話◇

 あのまま、お昼を食べ終わって、5時間目に突入。  これが終わったら、智さんが迎えに来てくれてるから、車で移動。  蒼紫と一緒にダンスと歌のレッスンで、オレはその後ギターのレッスン。  今日はずーっとレッスンだなぁ……。  にしても。体育2時間してお昼食べた後の、5時間目が国語って……  眠すぎる……。あと20分か……起きてられるかな……。  と思った瞬間。  目の端に居た蒼紫がオレを振り返った。ん?と顔を見たら、親指を立てて、外を指している。  行こう、と言ってるのが分かって。あれ? 5時間目終わるまでじゃなかったんだ、と慌てて、片付け始めた。  鞄に教科書を入れた時、蒼紫が、「先生、早退します」と立ち上がった。 「あ、オレもです。すみません」と、オレも立ちあがる。  この学校ではこんな事は当たり前にあるので、先生も、「おう、気を付けてな」で済んでしまう。そのまま、さよならーと挨拶し、友達たちと適当に別れながら、蒼紫と教室を出た。 「終わってからじゃなかったんだね。ちょっと早く出てってなってた?」 「いや?」 「……いや?って?」  階段を下りて、一番下の階。理科室や家庭科室がある階。昇降口を通り過ぎて、トイレに引き込まれた。 「蒼紫?」 「――――……来て」  個室に押し込まれて。オレの鞄を取られて、鞄かけに掛けられた。  何したいのかは分かんないけど。とにかくこんな所に二人きり。途端に胸が、ドキドキし始める。 「じ……時間は?」 「チャイム鳴ったらすぐ出よ」 「――――……いけないんだ、授業。サボって」  そう言うと、蒼紫はクスクス笑って、ごめん、と言って。 「約束。今して、涼」  オレの腕を掴んで、すぐ近くで、オレを見つめてくる。 「――――……うん」  究極。ドキドキ、する。  蒼紫の瞳は。もうほんとに。……好きすぎて。視線、外せない。  キス。何度も、もう、してるのに。  めちゃくちゃドキドキして。  ゆっくり、そーっと。そーっと。  唇を、重ねさせた。  ……柔らかい。唇。  ――――……気持ちいいな。  ちゅ、と。  最後にもう一度唇を寄せてから、そっと離れて。  蒼紫としばらく、無言で見つめ合う。 「――――……」  不意に、ぎゅー、と抱き締められる。 「涼」 「ん」 「……涼」 「うん」 「――――……りょー」  なんか。あまえんぼみたいな蒼紫に。  ふふ、と笑ってしまいながら。うん、と答えると。 「……ほんとは、めちゃくちゃキスして、めちゃくちゃ、気持ちよくさせたい。けど」 「――――……っ」 「……すぐ行かなきゃいけないし。智さんに見せたくないし。……我慢する」 「……う。うん……」  我慢。してください……。  きつく抱きしめられたまま頷いていると。  蒼紫は、んー、と、オレの髪の毛に、頬ですりすりしてきて。 「……めちゃくちゃ好き。あとで、今のキス、またして」  そんな風に言う。 「……うん」 「あ。そうだ」 「ん?」 「……昼、可愛いとか言われてたけど」 「…………あ、うん」 「……オレが一番、お前の事可愛いって思ってるからな」 「――――……」 「分かってる?」  またスリスリ、すり寄られて。 「……ん」  クスクス笑いながら、頷いて。  蒼紫の背にまわしてる手で、ぴと、とくっつく。  ――――……蒼紫がこんなに可愛いとか。  こうなるまで、ほんと……知らなかった。    ふふ、と笑ってしまう。

ともだちにシェアしよう!